04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

上京報告その1

2010.11.30/Tue/10:57:53

※先日の東京3daysの報告をさせていただきたいと
思います。なお、「その1」とか書いてますが、続かない
可能性もあります。






「伊藤さん、僕行きたい店があるんですよ」

東京に行く日程が決まった頃、電話でこんな話をした。

電話の相手は、本田技研工業株式会社青山本社勤務の
伊藤さん





このお方と出会ったのは、僕が18歳の時である。





5年間通うはずの阿南高専をわずか3年間でマスターし(中退です)
大阪の(株)ホンダベルノ近畿に入社、家業の修行を始めた
僕の勤務先、泉佐野店に伊藤さんは本田技研からの
出向という形で勤務していたのだ。




一人暮らしも初めて、就職も初めてという僕に
そして高専時代、怠惰な生活を繰り返していた
僕に、社会人として、そしてホンダの販売店の後継者としての
心構えから何から何まで教えていただいた恩人である。




この伊藤さんと、そして当時の泉佐野店の店長の石田さん
このお2人がいなければ、今の泰地 孝志はなかっただろうと
思う。



お2人とも大変厳しい方で、泣きそうなこともあったり
実際に泣いたこともあったし、逃げ出したくなることも
あったり、実際に一度逃げたこともあった(おいおい)




2年ほどで伊藤さんは本社に戻られたのだが、それからも
ずっとお付き合いさせていただき、僕が上京した時は
お会いして食事などをご馳走していただいている。





最近、上京する機会があまりなく、あってもJC関係の
事とかでなかなかスケジュールが取れず、ご無沙汰していた。




そんなところにホンダビジネスミーティングという機会が
舞い込んできて、しかも木金という日程だから、定休日の
水曜日を利用し一日早く上京してお会いすることになったのだ。








「何が食べたい?」
と聞いてくれた伊藤さんに、僕は行きたい店があることを
お伝えした。





その店とは・・・・




博多水炊き「ちんや」だ!!
「ちんや」ホームページ

http://www.chinya.jp/






なぜ、このお店に行きたかったのか?



それは、昨年出向させていただいた

日本JC真の日本男児育成委員会の

藤木智委員長のお店だからだ。






12月19日、福岡にて藤木さんの卒業記念パーティーが
開催される。そのご案内をいただいた時に、藤木さんが
東京にお店をオープンしたということを知った。




博多水炊き・・・恥ずかしながら僕は、昨年までこの美味しさと
言うか、博多水炊きが何たるかということを知らなかった。

徳島で言う「水炊き」と一緒のモノだと思っていた。




しかし、昨年久留米で行われた小委員会と
最後に福岡で開催された委員会の時に、水炊きをいただき
全然別物だと知り、またその美味しさにはまってしまった。




その時のこと、また藤木さんのことを書いたブログが
こちらです↓


2009年11月28日ブログ「嬉しい仕事」

2009年12月31日ブログ「福岡一人旅最終回」

1月25日ブログ「京都会議報告~義理・人情・友情編~




その時にも藤木さんに博多水炊きのことをいろいろ教わった。


水炊きについて語るその情熱は、僕にとっての天下一品に対する
思いと似たようなものを感じていた。





その藤木委員長(今年度は藤木監事とお呼びしなければいけないのだが)
が東京に出店されたと聞いた日には

行かないわけにはいかないでしょう!!



という訳で、ご馳走していただく身でありながら、図々しくも
お店のリクエストまでしてしまったのだが、伊藤さんも
快く了承してくれ、予約は僕がさせていただくこととなった。





黙って行くのも良かったのだが、何となくお伝えしたくなって

「昨年藤木さんにお世話になった泰地と申します。」

と予約した。







そして、当日・・・。


伊藤さんと巣鴨駅で久々の再会!!


伊藤さんは僕より10歳も年上だが、普段からスイミング等で
鍛えており、昔と変わらず若々しかった。


思わず自分も18歳に戻ったような錯覚に陥ってしまう。








そして「ちんや」に入店!!


統括マネージャーの高橋さんと、名刺交換して
オーダーを済ませ、今か今かと待ち構えていたところ
電話が鳴った。



なんと!

藤木さんからであった!!





高橋統括マネージャーが連絡を取ってくれたようだ。




久しぶりにお話させていただいて、本当に嬉しかった・・・。




来月のパーティーで再会できるのを楽しみにしています!


とお伝えして、電話を切った。




そして、鍋の到着!!






博多水炊きは、鍋が出来るまでの間、お猪口みたいなものに
スープを入れ、柚子胡椒を溶いて飲むのだが



このスープがムチャクチャ旨い!!

スープだけでビールが進んでしまう!!





2人ともテンションが上がってしまって、鍋に襲い掛かったのだが
先日来店した千原ジュニアも絶賛されたというこの水炊きは
わざわざ僕が書くこともなく、むちゃくちゃ美味しかった。
(阿南弁で言うと「こっぱ旨かった!」)




伊藤さんもかなり気に入っていただき、焼酎もキープした。




スタッフの方々の応対も素晴らしいし、サイドメニューも
充実していて、全部が全部美味しかった。





ただ一つ残念なのが、食べるのと話をするのに夢中になってしまい
写真を一枚も撮ってなかったことだ。
(「実施上の問題点」である)
※HPの写真をご覧下さい






久々の再会、そして美味しい料理とお酒で最高の夜になった。







伊藤さん、ありがとうございました!



藤木さん、いろいろお気遣いいただいてすいません!










皆様も上京の際は、是非

博多水炊き「ちんや」にお立ち寄り下さい!!






思い出しただけで「ゴクッ」となる  泰地 孝志

tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/654-eb51d7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。