06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

時間制

2009.04.06/Mon/18:58:00

このブログ、「Bグル」のブログか?と何人かに言われた。

あまりにも食べ物のことばかり書いているからだろう。

「Bグル」とは「B級グルメ会」の略で、もともとは2006年の
(社) 小松島青年会議所バトル委員会(僕が委員長でした)の
メンバーを中心とする会で

「安くて美味いもんを腹一杯食べる」
「食べながらめんどおい話はしない」
「二次会行く店はアミダで勝ったヤツが決める」
「新入メンバーは会員全員の賛成があったときに認める」

という、やりこいやりこい掟を守りながら、不定期に開催している会で
僕が会長をさせていただいている。(泰地派閥ではありません・・・苦笑)

そういえば最近全然Bグルしてないなあ・・・。


そんなことはさておき、今日のテーマは「時間制」である。

野球というものには本来、「時間」という制約はない、というか制約は緩い。
15秒ルールとか、細かい規則はあるが、サッカーやバスケットのような
試合時間においては制約はない。

しかし「大会」とかになると、ほとんど例外なく時間にしばられる。
これは少年野球とかの大会でも同じであるが、我々のJC野球大会でも
毎年、規則の中に試合時間の項目が設けられている。

そしてこの制約こそが、我々首脳陣を苦しめるのだ。

11日に行われるブロック予選も、
「80分を超えて新しいイニングに入らない」
と決められている。

時間というのは不思議なもので、勝っている場合はなかなか時計が進まないが
負けていると、時計までもが敵になったような錯覚を覚えるほど早い。

おそらく11日の試合でも、先取点を取られたりすると、焦りが生じてしまうだろう。
監督やスタッフの焦りは、必ず選手に伝染する。
負けてるときほど落ち着かないといけないのだ。

焦った采配は、焦った攻撃を生む。悪循環の始まりだ。
過去の敗戦、また勝った試合の中でも反省点のトップには
この「時間がらみ」のミスがあげられるだろう。

自戒の念も踏まえて、書かさせていただいた。
絶対焦らんぞ!!
他LOMの方々にはくれぐれも宣言させていただく!

先取点取らないでね!!


そしてこの「時間」というもの、時には大きなトラブルを招く。

何年か前の試合で、(相手は覚えているがあえて書かない)接戦ではあったが
我々がリードを許している試合展開、回も5回だったか6回だったか
とにもかくにも終盤を迎え、いつ最終回と言われるのか分からず
時間が気になって気になって仕方の無い心理状態まで追い込まれていた。

当時僕は一選手であった。

相手チームが投手を交代した。これはまあよくあることで何も文句は言えない。
しかし投手交代をすると、新しい投手の投球練習や、守備に就いた前の投手の
守備練習など、なにかと時間を浪費する。
負けている我々としては気が気でない状態である。

ところがその相手チームは、新しいピッチャーが何球が投げた後
なんとキャッチャーを交代したのだ

お互いスポーツマンであり、JCメンバー同士、かけがいの無い仲間だ。
もちろんその交代にも意味があるんだと思いたい。
しかしそれなら何で投手交代と同時に捕手も代えないのか?
どうしても「時間稼ぎじゃないか」という気持ちが芽生え、疑心暗鬼に
なってしまう。

逆のこともありうる。今度の11日、我々のチームがリードした状態で
制限時間に近づき、僕が念入りな小刻みな投手交代や選手交代を
行った場合、自分としては想定内の采配だったとせよ、相手から見たら
「泰地の汚い時間稼ぎ」と思われるかも知れない・・・。

運営側の苦労は百も承知だ。立派な球場を借りてくれて
野球が出来る我々は幸せだ。

ただ、時間制というものが存在する今大会、どうしても
「接戦の末、ベンチの采配で逃げ切った薄氷の勝利」より
「文句なしの大差の勝利」を願ってしまう。

本来、監督冥利に尽きるのは間違いなく前者の方なのだが・・・。

杞憂に終われば何も言うことはないのだが、「時間制」というルールが
左右するような試合展開にならないことを、心から願っている。

そして我々社団法人 小松島青年会議所野球部は、
どのような展開になろうとも
スポーツマンシップに則り、正々堂々と戦うことを、
チームを代表して
ここにお誓い申し上げます。

tb: 0 |  cm: 5
go page top

 

この記事に対するコメント

No title

今のルールを決めたのは何を隠そうこの私です。
でも、私が作ったのは、

『80分を過ぎても6回表なら裏までやる』というもの
しかもその年の終わりに申し送り事項で、

『問題が起きやすいので、出来たら5回までとか回で決めたほうが
いいですよ』
と言っておいたのに、その後もめんどくさいからか、まったく変更がなされない。

80分だと確実に5回は終了できるはずなんだけどな~

あと日本の全国大会もシニア禁止もどうかと思う。
あの毎年出ていた京都がまったくもって出場しなくなった。
シニアが多いらしいからだろうと思うな~
URL | 野球部特別会計監査人 #eBz6nzB6
2009/04/06 20:37 * 編集 *

No title

>特別会計監査人殿

姉さんの時は90分じゃなかったですか?

でもやはり「5回まで」とか決めてくれたほうが
非常にやりやすいですね。

シニアの件は日本に訴え続けましょう!!
URL | 監督 #-
2009/04/07 09:23 * 編集 *

No title

いや~確か80分を超えた時点で、5回表なら5回裏まで、
4回裏ならそのまま終了でした。

そしたら、試合の総時間が、最長で、約100分少々最短で80分過ぎくらい。

コールドゲームもあるので、その場合は2試合目は予定時間よりも早めに始めるということで、結局は総予定時間は早めに終われました。

URL | 野球部特別会計監査人 #eBz6nzB6
2009/04/07 11:20 * 編集 *

No title

よろしくお願いします
URL | mimajc #-
2009/04/07 11:57 * 編集 *

No title

>特別会計監査人殿

でも今回は特に5時からインディゴソックスの試合が
入っているので、余計に厳しいんでしょうね。

一日まるまる借りてたら、決勝戦はナイターになって
雰囲気は最高だったでしょうね!

>mimajc様

美馬さんと決勝戦で戦えるよう一生懸命頑張ります!!

しかし阿波池田さん徳島さん、どちらが来ても強敵です!
URL | 監督 #-
2009/04/07 12:04 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/64-2f3db9c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。