10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

言葉

2010.11.05/Fri/19:12:57

我々人間は、言葉を使う唯一の動物である。




言葉があるからこそ、様々なコミュニケーションがとれる。



しかし、古来、おそらく言葉が発達したとほぼ同時に
我々人間は、言葉というものに苦労してきたのでは
ないだろうか?




人を楽しませたり、喜ばせたりする言葉がある反面、
怒らせたり傷つけてしまったりする言葉もある。




そして、最も苦労するというか、嫌な気持ちになるのが
自分はそういうつもりで言ってないのに、人にうまく伝わらず
傷つけてしまったり、怒らせてしまう時である。




僕も口数が多い方だから、今まででも自分の意志とは裏腹な
方向に自分の発した言葉が独り歩きして、他人に誤解されたり
仲が悪くなったりすることもあった。




それだけに、言葉にはいつも気をつけている。





しかし、あくまでそれは僕の意識の中での

「気をつけている」

であって、万人に通用するものではないし、
それだからこそ、言葉を使うという面白さが
あるのではないかと思ったりもする。
(妙な言い回しですいません)






ただ、人によっては


「こいつ、マジか?」

と思うような言葉を発する人がいる。




ちょっと気を使えば、絶対にそんな言い方はしない方が
いいだろうと分かるような、そんな事言ったら絶対相手は
嫌な気分になるぜ!というような言葉を
平気で使うのだ!





もし自分に向かって言われたら、

「いいネタが出来た!今度みんなに言おう!!
そしてこの腹立つ気持ちを紛らわそう!!」

とか思うのだが、その人が第三者にそういう言葉を
言っているとハラハラする!




デンジャラスなエキサイティングな香りが
プンプン漂ってくるのだ!





僕のハラハラする気持ちなどお構い無しに
その人は無神経な言葉を並べ続ける。







こういうお方の心の中はいったいどうなってるんだろうか?



傍から見ていても、なんか損な方損な方へと、自分を貶めて
いるような言い方なのだ。






僕なりにいくつかのパターンを分析してみた。



パターン① 悪意の塊

確信犯で、人を怒らせてやろう、嫌な気分にさせてやろう
怒らせてやろう、いじめてやろう・・・などなどの
明確な意志を持って喋っているタイプ。

これは少数派であろうが、何パーセントかは実在するであろう。

僕の周りにも一人はいる。


このタイプは明確な意志があるからむしろ目的どおりの
言葉を発しているのだろう。



しかし・・・こんな人とは付き合いたくは無い。






パターン② 悪意は無いが、考え無し

人に対して悪意は無いのだが、言葉を発する前に
頭の中で考えず、思い付きをそのまま吐き出すタイプである。


こういう人が一番多いのではないだろうか?


言った後で、その言われた人が冷静に説明すれば
理解できるタイプである。




僕も多分このタイプで、今までの失敗を振り返ってみると
考えなしで喋った言葉が、後でゆっくり考えると
やはり悪かったなと反省させられるのだ。



こういう人は、更正できると思う。




思いつきで喋らず、言う前に頭の中で整理してから
喋る癖さえ身につければいいと思うのだ。








パターン③ 悪意も無いし、考えて喋るが、デリカシーがない



このパターンが一番性質が悪いと思う。



パターン①の人は、明確な意志を持って喋っているから
自分の好きな人とか、仲間にはそういう言葉は言わない。


パターン②の人は、よく考えたら「悪かったな」と反省できるし
聞く方も

「この人、考え無しで喋ってるな」

と分かるからまだ可愛げがある。




しかし悪意も無く、よく考えて喋っている感じなのに
肝心の本人の中に「デリカシー」が全く無いのだから
一番人を怒らせてしまうし、傷つけてしまうし
嫌われてしまうのだ。












そうだ!








このブログ、珍しく全くのノープランで進めてきたのだが
(いつもは頭の中で構成してから書いてます)

ここまで書き進めてきて、やっと分かった!!





デリカシーこそ必要なのだ!!





「デリカシー」を調べてみた・・・。



意味:感情、心配りなどの繊細さ。微妙さ。















皆さん、デリカシーを持って、言葉を使っていきましょう!!







結論が出て、ホッとしている
デリカシー大好き    泰地 孝志

tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

>肝心の本人の中に「デリカシー」が全く無いのだから
>一番人を怒らせてしまうし、傷つけてしまうし
>嫌われてしまうのだ。

すいません。私です(;一_一)

広汎性発達障害

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E6%B1%8E%E6%80%A7%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3

こういうケースもありますので、ご理解お願い致します。
URL | 三人文殊 #-
2010/11/06 08:32 * 編集 *

>三人文殊さま

三人文殊さんは、そういうお方には
思えませんよ!

今度お話させていただいたときに
僕が判定します(笑)
URL | 理事長 #-
2010/11/06 11:58 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/629-7a3f2141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。