04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

身を切られる思い

2010.10.23/Sat/18:18:53

うちの会社に来ていただいた方はご存知だと思うが、
わが社にはとてもカーディーラーとは思えないほど
マンガがたくさん置いてある。



それらの98%は僕が買ったものだ。




家にもその数倍のマンガがあるのだが
会社でも昼休みとか読みたくて持ってきていたら
いつの間にか、膨大な量になってしまった。





待ち時間とかにお客さんが読んでくれるので
それはそれでいいし、また

「これ借りてもいい?」

とかで、お客さんに貸し出しもしたりする。





僕の好きなマンガを、お客さんも気に入ってくれたら
嬉しいし、また話にも花が咲く。




ただ、整理が出来てないのが残念なところで



家に

1、3,4,7,9、巻があって

会社に

2、5、6、8、10、11,12巻が

あるというような作品も多い。





一度読んで終わりじゃなく、何回も同じマンガを
読み返したくなる癖が原因で、例えば昼休みに
あるマンガを読み返したりしていると、仕事終わりに
続きを家に持ち帰ったりしてしまうのだ。



それでまた次の日に店に持ってきたらいいのだが
そんなに几帳面じゃないから、家に置きっぱなしになる。




そんなこんなでいびつな品揃えになるのだ。







あまりにも増えてきたので、今日マンガの整理をすることになった。





ある程度は、捨てなくてはならない。




社員の東君と一緒に整理してたのだが、彼が


「これ、もう捨てましょう!」


と言うが、そのマンガの表紙を見ると、思い出が
蘇ってくる。




「よっしゃ!これ捨てよう!」


と思える作品もあるのだが、愛着があるぶん
なかなか捨てにくい。






身を切られる思いとはこのことか?





何年か前にも、思い切って膨大な量を捨てた。



それに比べると今回は大した量ではないが
それにしてもかなり辛かった。



2010102317510000.jpg



今回捨てる事になったマンガ、本たちの皆さんです。







みんな、素敵な思い出をありがとう!




みんなのことは忘れないよ!!!!





本とマンガが大好き  泰地 孝志

tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/616-18859902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。