04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

羽ノ浦納涼祭パート2

2010.08.03/Tue/08:48:31

※昨日のブログの続きです。




アームレスリングが終わると、ステージ前で
阿波踊りが行われる。




今年も3つの連が見事な踊りを披露してくれた。






しかし我々羽ノ浦町商工会青年部は阿波踊りに
見とれてはいられない。




この阿波踊りの後、最後に行われる


「チャリティービンゴ大会」

の準備をしなければいけないのだ。




このビンゴ大会も、我々がステージを任されるように
なってからずっと連続して行ってきたものだ。



祭りが始まったときから、ステージで合間合間に告知し
ステージ横のテントでビンゴのカードを販売する。



1枚100円でお一人様何枚でも購入できる。





購入していただいた方々がステージ前に集まって
チャリティビンゴ大会は始まるのだ。




ビンゴの賞品は毎年若干の変更はあるが
一番の目玉はJCBギフトカード!

30000円分!!


そしてこのメインの賞品だけでなく
自転車だとかガソリン券だとか
様々な賞品が用意されている。




そしてもう一つの趣向が、


ダブル抽選方式!!


これは一番先にビンゴになった方から
いい賞品を持っていかれると、なんとなく
後半盛り下がるので、それを解消するため考えたもので
ビンゴになった方はステージに上がっていただき
更に抽選箱のクジを引いてもらうのだ。




つまり、早くビンゴになったからといって
いい賞品が当たるとは限らない方式なのだ。





しかしここ2年間は、なんと最初にビンゴになった方が
JCBギフトカードを持って帰るという、主催者としては
ちょっと残念な結果となっている。




でも、ガチンコだから仕方ないのだ!!




今年はいったいどんな結果になるのだろう?





そしてチャリティと銘打っているだけに、このビンゴ大会
の収益金の中から、これも毎年違うところだが、地元の
保育所や学校などに寄付をしている。(ここ重要です)




このビンゴ大会もだいぶん浸透してきたから
今年もなかなかの売り上げだ。





そして今年は羽ノ浦町の商店街のいろんなお店が
協力してくださって、いろいろな賞品を
出していただいた。


そのため例年の倍ほどの賞品が集まった!






ステージにテーブルを設置し、賞品を並べる。


ビンゴとホワイトボードも用意、抽選箱も確認。





準備完了だ!




ステージ前にはビンゴに参加する方々が
ワッサーと今か今かと待ち構えている。






ちょっと今年は余裕があったので
ステージから写真を撮ることにした。


ビンゴ前

※写真はクリックしてください。



ステージから見るとこんな感じだ。




なんか・・・・怖い。





宝くじのようなもので、1枚でも持っている人は
期待しているのだろう。



熱気ムンムンの中、いよいよ21時ビンゴスタートだ!!





ビンゴの説明とビンゴを回すのは僕の役目だ。





出来るだけ簡潔に、また出来るだけ分かりやすく説明した(つもり)。







そして司会の掛け声



「レッツ!」

の後に観客の皆さんが



「ビンゴ!」
と叫んでいよいよビンゴを回す!





本当に凄い掛け声の中、僕はビンゴを回した!







その時である!!






ボトボトボトッ!


とビンゴの球が20個ぐらいステージを転がっていく!






一瞬何が起こったのか分からなかった・・・。






ビンゴの留め金が外れて、一個だけ出てくればいいはずの
ビンゴの球が20個以上落ちてしまったのだ!!





会場の大爆笑と失笑の中、みんなで球を拾い集めるのは
なかなか無様な風景であった(苦笑)





気を取り直し、留め金もきつく止め、再スタート!





その後は、何の問題も無く無事に終了した。





心配していたJCB30000円も、なんと最後の最後まで
残り、4人によるジャンケンで決着という結末であった。







という羽ノ浦納涼祭であるが、実は来年も同じような
ことが出来るか分からない。






どことも同じような事情を抱えているのだろうが
こういう地元のイベントに対する行政の補助金などが
年々縮小傾向にある。




来年は全く出ない可能性もあるのだ。






仕方ない部分も理解できるのだが、やはりこういう
ものは出来るだけ続けていっていただきたいし
また我々もそれに見合う、またそれ以上の企画を
演出していきたいと思う。







このブログは小松島青年会議所理事長ブログというもので
ここで書くのはおかしいのかも知れないが、それぞれの
地域で抱えているものは一緒だし、小松島でも同じような
問題はあるので、あえて書かせていただきました。






羽ノ浦も小松島も大好きな  泰地 孝志




追伸

昨日のブログで頭が映ってしまった
羽ノ浦町商工会青年部 賀出部長から
お詫びのメールと共に、写真が届きましたので
掲載させていただきます。
賀出部長、ありがとうございました。
お疲れ様でした。


R0014569.jpg


R0014572.jpg

R0014632.jpg

tb: 0 |  cm: 4
go page top

 

この記事に対するコメント

合併したのもあるのでしょうか?
どちらにせよ、寂しいですね
小松島のみなと祭も昔は二条通りもSさんのガソリンスタンドの方まで提灯がぶら下がってたみたいです
いっそ寄付を止めて余剰金を来年度予算に回してみては?
URL | Y本 #-
2010/08/03 11:28 * 編集 *

>Y本さま

合併が一つの要因なことは間違いないと
思います。寂しい限りです。

現状でもそんなに多く補助金が出てないので
ステージを設置してPAなどで
ほとんど使ってしまうのです(涙)

残りのわずかで賞品などを捻出してる状態なので
寄付も実際そんなに多額なものは出来ないのです。

ですから寄付を止めても、ビンゴ大会の意義が
なくなるだけなんです。


これでステージすら無くなってしまったら
いよいよ寂しい祭りになると思います。
URL | 理事長 #-
2010/08/03 11:45 * 編集 *

お疲れ様でした。
ビンゴではないけど、WAでの、お楽しみ大抽選会を思い出しました。

補助金、あるにこしたことはないけど
みんなで、知恵と汗を出せば、なければないなりに、できるもんですよ。

一つ提案です。
目玉景品の、JCB商品券を、羽ノ浦商工会会員店だけで使用できる商品券にする。
この商品券での購入店には、額面の1割引で払い戻し。
商工会、地域活性化と同時に、会員企業の発展にも一翼を担わないとね。
URL | #-
2010/08/03 23:17 * 編集 *

>無記名さま

ご提案ありがとうございます!

来年の申し送り事項として、反省会のときに
提案してみます。
URL | 理事長 #-
2010/08/05 09:41 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/533-2d7327ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。