10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

ジャンジャンバリバリ

2010.07.29/Thu/16:54:18

昨日、一年ぶりに死刑を執行したとかで
ワーワー言っていた。




死刑制度について、色々な議論が巻き起こりそうだ。




死刑制度については、僕自身二十歳くらいのときに興味があって
いろんな本とかを読み漁ったことがある。










結果的に、僕は死刑制度に賛成だ。




今の日本において、最高刑が無期懲役ではあまりにも心もとない。







無期懲役で、本当に無期務める人などいないからだ。




死刑が無くなれば、もっと犯罪が増えるだろう。





しかし、死刑制度反対論者というのは、この死刑の持つ
抑止力自体を否定している場合が多い。




抑止力なんかあるかないか、はっきりした数字は誰にも出せない。




しかし、死刑があるからという理由で、犯行を思いとどめる人も
少なからずいるはずである。



どんな犯罪を犯そうが、最高でも無期懲役、死刑は絶対無いとなったら
話は全く変わってくる・・・と思う。









それに、今回2人の処刑が行われたらしいが、まだ死刑が確定して
執行してない死刑囚が100人以上もいるらしい。







さっさと殺してしまえ!と思う。




そんなヤツラに飯を食わせるだけでも税金の無駄だ。




どんどんどんどん殺していけばいいのだ!








ロト6みたいに、死刑囚に毎週月曜日とかに抽選させて
毎週金曜日に当選者2人ずつくらい執行していけばいいと思う。




その抽選を公開にして毎週放送すれば
かなりの視聴率が取れるはずだ。









人権をバカにしている、ふざけるな!
人が人を裁く権利があるのか?


などと反対論者は言うだろう。




しかしその死刑囚というのは、彼ら自体が他人を殺すという
凶悪な犯罪を犯したのである。





昨日報道された死刑囚も、6人殺したとかなんとか
とにもかくにも最悪な人間なのだ。






こんなヤツにも人権ってあるのか?




だとすればこいつらに殺された人々や
遺族の方々の人権や感情はどうなるのか?




例えば自分の周りの愛する人達が殺されても
そんな奇麗事が言えるのだろうか?











法務大臣!どんどん殺していこう!



議論なんか時間のムダだ!



ジャンジャンバリバリ殺していきましょう!!
(死刑囚をですよ!念のため)






やはりイライラしている   泰地 孝志

tb: 0 |  cm: 4
go page top

 

この記事に対するコメント

なかなか画期的なご意見ですね

私は死刑制度には反対です。

ただ、現行の制度では、反対しかねますね(苦笑)

ただ、犯罪抑止力という点で言えば、むしろ問題は死刑制度ではなく、刑務所の快適さ?でしょう。

受刑者が出所しても職が見つからないと再び犯罪を犯すようでは、抑止力となっていないですね。

何しろ、受刑者一人当たり250万とも300万ともいわれる税金が使われています。

仕分けすべきです。

少なくとも、自主採算制度を取り、犯罪者の労働で、経費を賄うべきです。

あと、犯罪被害者に対する補償も、捻出すべきです。

終身刑を設けること、犯罪被害者に対する補償が終わるまで、労働させること、受刑者の人権は制限して、労働条件を過酷にすること。16時間労働で、冷暖房もなく、食事も満足に得られないということであれば、皆、早く出所しようと思うでしょう。

このようなシステムならば、抑止力は確保したまま死刑廃止が可能のように思われますが、いかがでしょうか。
URL | 三人文殊 #-
2010/07/30 03:11 * 編集 *

>三人文殊さま

そのように制度改革するなら死刑を廃止しても
僕も賛成です。
結局無期懲役が真の無期じゃないということと
刑務所の快適さが問題ですよね。
死んだ方がましだと思えるほどの過酷な仕打ちを
与えられないのなら、やはり死刑は必要だと
思います。

URL | 理事長 #-
2010/07/30 11:36 * 編集 *

死刑制度は、被害者やその家族の心情。
そして平和な社会への抑止力の為には必要だと思います。
でも日本人として忘れてはいけないのは、
「罪を憎んで人を憎まず。」
ではないのでしょうか?
こんな議論をしなくていい、明るい豊かな社会の創造を
JCのメンバーのみなさんが中心となって頑張ってくだ
さいね。
応援してます。
URL | 通りすがりの者 #-
2010/07/30 11:45 * 編集 *

>通りすがりの者さま

まさにおっしゃるとおりだと思います。
「罪を憎んで人を憎まず」

そして「恥」を重んじる心。

この日本の伝統文化に基づいた精神を
いつまでも受け継いで行くべきだと思います。

「明るい豊かな社会」の実現に向けて
頑張ります!
URL | 理事長 #-
2010/07/30 16:12 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/528-e8073221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。