06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

未来へ繋ぐ

2010.07.14/Wed/23:56:17

「松崎さん!もう僕JC辞めますわ!」

今から10年前、2000年の6月ごろ、僕は大声をあげていた。







場所は当時現役で先輩の松崎さんのお店。



その時の僕はJCだろうが何だろうが
困ったことがあると真っ先に松崎さんの
所に向かっていた。






JCに入会して7年目、初の委員長を担うことになった
僕は、まず最初の事業として、例会の委員会タイムという
時間に

「歴史教科書を考える」という事業を計画したのだ。



「例会の委員会タイム」とは、今はもう無いのだが
当時は例会が19時から20時、その後、委員会タイムと
称して、各委員会が回り持ちでその1時間を利用した
色んなミニ事業を行っていたのだ。




事業予算はだいたい1万円程度。




言っても一時間の事業、予算も1万円というものだから
だいたい講師の人を呼んできて、1時間喋ってもらい
最後に理事長が謝辞を述べて、謝礼を渡して終わり、
というパターンが多かった。





その時講師を務められた方々には大変申し訳ないが
1時間でその程度の謝礼しか渡せないほどだったから
それほど大人物が来るわけでもなく、なかには
非常に為になる話もあったが、ほとんどの場合は
「うーん・・・。」という方が多かった。





そんなありきたりのパターンに辟易していた僕は
その、初めて担当する「例会委員会タイム」
今の中学生が勉強している歴史教科書を
みんなで勉強し、問題点を探ろうという事業を
提案し、議案にまとめ上程したのだ。



講師を呼ぶわけでもないから、費用は教科書何冊分。
余裕で1万円以内に収まる。



当時の歴史教科書というのは、今もそうだがそれ以上に
ムチャクチャな内容だったから、それをメンバーの
皆様に理解してもらおうとしたのだ。




ところがこれが理事会になると総攻撃を喰らう事になる。


いわく

「そんなことして何になる。」

「メンバーの貴重な時間をそんなことに使うのか?」

「1回の事業でわざわざ教科書を買うのか?」

「お前だけがしたいことを、みんなに押し付けるのか?」


などのオンパレード。(ホンマに言われたんですよ)





結果的に何とか事業は出来たのだが、もうイヤになっていた。






いったい何なの?




普通に当たりさわりのない講師を呼んで、1時間喋ってもらって
理事長が

「非常に考えさせられました」


「明日からと言わず、今から実行していきたいと思います」


「本当にありがとうございました!」


などの判で押したような謝辞を言って、それで終わり。



懇親会になれば、もうみんな忘れている。




そんな委員会タイムが良かったのか?



そんなんだったら、僕が委員長する意味は無い。



そんなことをやりたい人に任せたらいいだろう。








・・・もうJCで歴史系のことをするのはやめよう!




自分は歴史が好きだから、日本が好きだから
JC以外で個人でコツコツやっていこう。



JCでは、万人向けの、当たり障りの無い事業をやっていこう。




「そんなことしてなんになる!」
と言われるくらいなら・・・。






と、思いっきり過去のグチからスタートしたのだが
今から思うと、当時の先輩方はああいう言葉で
新人の委員長である僕を叱咤激励してくれたのだと
思うのだ。


本当に厳しい言葉ばかりであったが、本当に
アカの他人である僕に対して、よくぞそこまで
言ってくれたと思う。


ありきたりの言葉で、なんとなく議案を通してくれていたら
今の僕は無かっただろうと思うのだ。







そしてその6年後、3度目の委員長となった僕は
当時の長池理事長に無理を言い、自分のやりたい
事業をやらせてもらった。


「リメンバー、パールハーバー」という事業を!



このときの委員会名が



バトル委員会!


名前からしてケンカを売っている。







その事業も4ヶ月連続で行い、一般参加型。

やってみないとどうなるか分からない。


どんな人が来るのかも分からない。








テーマが凄い。


第1回「歴史教科書について」

第2回「南京大虐殺と従軍慰安婦」

第3回「東京裁判と靖国問題」


最終回「総括~日本人の誇りを取り戻すために~」



非常にスリリングな楽しい事業であった。







そして、理事長として迎えたJCライフのラストイヤー。



2010年7月13日。





3回に渡って開催してきた



「未来へ繋ぐ小松島国会」


いよいよ最終回となった。




この事業は、平田委員長をはじめとするPleasure委員会が
本当に僕の意志を受け入れてくれ、
また僕では思いも浮かばなかったスタイルで実行してくれた。





最後の最後になって、非常に悲しい気持ちと
また非常に嬉しい気持ちに包まれていた。





最後の挨拶でも述べさせてもらったが

「未来へ繋ぐ小松島国会」


本当に素晴らしいタイトルだと思う。




我々はみんな、現在から未来へ向かって生きている。



未来へ向かって生きていくために、過去から学ぶのだ。





三回の事業に参加された全ての方々は、未来へ繋ぐために
忙しい中、駆けつけてくれたのだと思う。






ご協力いただいた全ての皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。





本当にありがとうございました!!!





出会いに感謝   泰地 孝志

tb: 0 |  cm: 5
go page top

 

この記事に対するコメント

理事長さま
小松島JCのご同輩さま。
4年前の事業から引き続き今回も公開事業、お疲れさまでした。
私は市外の人間にもかかわらず参加させていただき、しかも楽しませて
いただきました。
理事長さまは今年で卒業されてしまいますが、小松島JCのご同輩さま
また楽しい事業をして下さいね。
では・・・
PS:理事長さまは来年はOB。だけど直前・・・
   こっぱぬるいよぉ~このポジション・・・
URL | 通りすがりの者 #-
2010/07/15 12:19 * 編集 *

泰地理事長お疲れさまでした。

毎回楽しく参加させていただきありがとうございました。

「未来へ繋ぐ小松島国会」という熱い想いは伝わってきました。本当に良い企画だったと思います。

ただ、後から思いついたことですが、残念なことがあります。できたら、プロの政治家の方に参加していただきたかったような気がします。

特に、今回はちょうど参議院選挙にかかっていたこともあって、候補者の方にも来ていただけたら面白かったですね。

法案の実現性などもプロの眼と素人の発想が、ぶつかるのが興味深いような気がします。

その上で、地方議会や国会に請願などで意見を反映させることができれば、もっと多くの人が集まれるような気がします。

こんなことも検討はされたと思いますが、素人参加者の意見として聞いていただけたらと思います。
URL | 三人文殊 #-
2010/07/15 13:44 * 編集 *

>通りがかりの者さま

だれか分かりましたよ!
本当にありがとうございました。
お世話になりました。

今後は小松島JCの後輩が
未来へ繋いでくれると信じています。


・・・ところで、OBの直前は、そんなに
ゆるいんですか?

また詳しく教えてください!
URL | 理事長 #-
2010/07/15 15:08 * 編集 *

>三人文殊さま

こちらこそ本当にありがとうございました!
そして貴重なご意見ありがとうございます。

政治家の方を呼ばないのは、いろんな理由が
あります。
一つの理由として、呼ばなくとも来て欲しいのです。

実は今回も何人かの方々、そして参院選の
候補者の方も来られました。

その中には、こちらからお呼びした方は
一人もいません。

前回の「リメンバーパールハーバー」の時も
お呼びしてないのにいきなり現職の国会議員の
方が来られてビックリしたことがあります。

一般の方々、政治家の方々関係なく
議論を交わす場にしたかったのです。


わざわざお呼びすると、どうしてもそれなりに
気を配ったり、時間を設けたりしないといけなくなります。

そういうことなく、ニュートラルな場にしたかったというのが、大きな理由の一つです。


ですから、政治家の方が来ていただけるのは
大歓迎、しかし特別扱いも何もしませんよ、という
スタイルだったのです。


三人文殊さんとは是非一度ゆっくりお話したいので
(谷さんにお願いしてます)そのときにまた
ご意見をお聞かせ下さい。

今後ともよろしくお願いします!
URL | 理事長 #-
2010/07/15 15:23 * 編集 *

>三人文殊さんとは是非一度ゆっくりお話したいので
(谷さんにお願いしてます)そのときにまた
>ご意見をお聞かせ下さい。

私もお願いしてみます!
よろしくお願いします。
URL | 三人文殊 #-
2010/07/17 17:34 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/513-0ce53742
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。