07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

踏んだり蹴ったり

2010.05.31/Mon/17:08:00

「踏んだり蹴ったり」という言葉がある。




「散々な目に遭う」という意味だ。







しかし僕は昔から、「おかしいな」と思っていた。







散々な目にあうのなら、

「踏まれたり蹴られたり」
が適当ではないだろうか?・・・と。



この方が意味としては伝わりやすいと思う。


踏まれて、その上蹴られるのだから、嫌なことこの上ない。







しかし、かなり前の話になるが、この疑問が解けた出来事が起こった。






あれはまだ二人の息子が小さいときだったと思う。




おそらく休日で、僕が寝そべって本を読んでたとき
嫁千晶(41歳和田島出身、当時31歳ぐらいか?)
が僕のいた部屋の掃除をしようとしたのだろう。



掃除機を持って部屋に入ってきた!







・・・悲劇はその時起こった!






おそらく持っていた掃除機が死角になって見えなかったのだろう。





子どものオモチャ(何か忘れたが角ばったモノ)を
思いっきり踏んづけてしまったのだ!






「痛っ!!」
と彼女は叫び、そのまま2,3歩ダッシュした。




これはよくあることだ。



痛さを和らげるために、ちょっと走ってしまう。



プロ野球の選手とかでも、デッドボールを受けると
その辺を走り回ったりして、痛さをごまかしている。



嫁千晶も多分、痛さをごまかしたかったのだろう。



ほんの数歩のダッシュであるが、よっぽど痛かったのだろう。




スピードの乗った、良いダッシュであった。







しかし、そのダッシュの3歩目には、ちょうどテーブルがあった。




あろうことか千晶の右足小指が、そのテーブルの足の部分に

ジャストミート!!!




「jkhghhhcnjrihuu!!!!!」







もはや完全に日本国籍は持っていない、

いや到底人間とは思えない叫び声をあげる嫁を見ながら







「これが『踏んだり蹴ったり』か!」

と納得した泰地 孝志29歳であった。





おそらく平安時代か江戸時代か知らないが
過去にこんな悲劇を起こした人がいたのだろう・・・。









こんな悲劇、もう二度と繰り返しませんように・・・。







平和を愛し、平和を願う男    泰地 孝志

tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/468-084f90cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。