08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

プレッシャー

2010.04.17/Sat/11:27:42

もうすぐ「とくしまマラソン」が開催される。


僕には残念ながら全く縁の無いイベントだが、周りの人たちの中には
ボランティアとしてお手伝いする人なども何人かいる。


この「とくしまマラソン」全国のランナーの中でも
結構人気が高いらしく、徳島県民の一人として
誇りに思っている。


そして、やはり友人知人の中に、選手として走る人もいる。




その中で、今度のとくしまマラソンで

「3時間を切る」ことを目標にしている友人がいる。



「フルマラソン3時間を切る」ことを、業界では「サブスリー」と言うらしく
アマチュアランナーの夢だそうだ。



彼はその「サブスリー」に挑むらしい。






昨日彼と久しぶりに電話すると、なんかおかしい。


聞くと「プレッシャー感じて気分が悪いぐらい」と言う。



思わず「エッ?」と聞きなおした。




なんでプレッシャーを感じてるのか?





すると、彼は自分のブログでもサブスリー挑戦を
公言しているらしく、周りのランナーの方々などから
「頑張ってよ!」
「応援してます!」

などと声援を送られるにつれ、また開催日も近づくにつれ
だんだんプレッシャーが高まってきてるそうだ。


「達成できないかもしれない」という不安に苛まれているらしい・・・。






僕にとって彼の悩みは、全く訳がわからなく、彼にこう言った。




何にもプレッシャーなんか感じる必要は無い!!


マラソンというのは個人競技だ。



あなたが4時間かかろうが5時間かかろうが
例えば途中で棄権しようが、誰も別に何の影響も
ないし、困らない。

周りで応援してくれる人たちだって、あなたがどうなろうが
本音のところ、全くなんでもないでしょう。


あなたがどこかのチームの代表としてレースに出る、
あなかがどこかの国の代表としてオリンピックに出る。
あなたがどこかの地域の代表として駅伝に出る。

こんな場合ならプレッシャーを感じるのも分かるが
一人で勝手に参加するとくしまマラソンで
何のプレッシャーを感じる必要があるのか?




例えば、うちの森井専務は釣りのプロだから
いろいろな釣りの大会に出る。
行く前に僕は
「森井君、優勝してよ!頑張ってよ!」
と声をかける。

しかしこれは森井君が個人的に出る競技だから
森井君は僕の声援をプレッシャーになんか
感じる必要はないのだ!(実際感じてないだろうし)

しかし森井君が専務理事として何かを担当する場合
これは背中に小松島JCを背負っているのだから
プレッシャーをある程度感じながら参加して欲しい。
(実際感じているだろうし)




例えばうちの廣野副専務理事がパチンコに行くとする。(彼は最近してないが)

「廣野君、勝ってきてよ!」
と声をかける。

廣野君は勝った場合僕に何かをおごるとか約束してたら
話は別だが、何のプレッシャーも感じることなく
パチンコを楽しめばいい。勝とうが負けようが
誰にも何にも影響しない。


しかし先日の野球大会では、こっちも
「死ぬ気で投げてくれ!」と応援するし
また廣野君もそれを感じてチームのために
一生懸命プレーしたのだ。



プレッシャーを感じなければならないところで
感じない人はダメだと思うが、感じる必要がないのに
押しつぶされそうになってては、もっといけない。




プレッシャーはそういう時に取っときましょうよ!












誤解を招きかねないかな・・・と思いながら
強い口調でこんなことを喋ってしまったのだが

「そう言ってくれて、ちょっとは楽になった。」

と言ってくれた。





そして、何よりも僕は、彼がマラソンにのめりこむきっかけを
知っている。



彼は、大切な人のために走っている。


残念ながらその人は、この世にはいない。


天国にいる。



彼は、自分とその人のためだけに走ればいい。



周りの声援なんか、プレッシャーに感じる必要など
全く無い!



僕も含めて、みんな勝手に応援してるだけだから、
楽しく楽しく楽しく、走ってくださいね!!




フルマラソン完走するだけでも信じられない   泰地 孝志

tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/424-9706a002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。