06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

思いやり

2010.04.05/Mon/11:46:10

「思いやり」とは
「記憶力」「想像力」の産物だろうと思う。





例えば、委員長専務理事が案内のメールを送る。



そのメールで出欠確認を求めている。





委員長や専務理事を経験した人なら

「あっこれは早く返事送ろう」
と自らの経験(返信が返ってこなくて苦労したこと)を振り返り、すぐ返信する。



これはその人がその役職を経験したときに
返信がなかなか来なかった経験を思い出して、
その人に同じ思いをさせないようにとする
「記憶力」からくる「思いやり」である。



しかし、その役職や苦労を経験してなくとも
それが出来る人はいる。



その人は、自分が経験したという「記憶」はないが
「委員長はこれ早くみんなから返事が来た方がいいだろうな」
と、相手の立場を「想像力」で「思いやり」が出来る人である。




僕自身を振り返ってみると、
「想像力」に欠けているなあ・・・と思う。



過去、色々な役職をしてきたが、そのときになって
やっとその立場の苦労や想いが分かった。


それ以前の自分が、あまりにも思いやりに欠けていたなと
反省した。




「記憶力」よりも「想像力」で、相手を思いやれる人間になりたい。





昨日の内容があまりにもひどかったので
今日は堅くまとめた    泰地 孝志

tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/412-fb0c0118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。