04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

それでは人は動かない

2010.01.31/Sun/13:09:52

昨年から(社)日本青年会議所は、領土問題国境問題を問題提起し
~私たちの領土は私たちで守ろう!日本に存在する全ての島々を守るために!!~
「全国一斉署名運動」
なるものを展開している。



昨年、北方領土の日と竹島の日に我々徳島ブロック協議会も署名活動を行った。



残念ながら自分はこの日に参加できなかったのであるが、参加したメンバーから
後に聞いたところによると、市民の皆様は進んで署名してくれる方、
黙って立ち去る方、いろいろだったそうだが、中には色々異論反論を含めて
質問や意見を投げかけていただける方もいて、対応に困ったそうだ。



結局、我々署名を集める側に意志統一や知識が足りないのだ。






署名活動はこの両日だけでなく、半年以上の長い期間で行われたため
これではいけないと、LOMで勉強会を行った。




昨年の6月11日、例会後の時間を利用して一時間ほどの勉強会。



なんと講師?に立ったのは私、泰地 孝志である(苦笑)


この一時間では主に、「北方領土」と「竹島」について
ホワイトボードを使用しながら熱く語らせていただいた。



これは「僕、歴史得意なんだよ」という自慢話では断じてない。




僕自身もこの勉強会を行うにあたり、あまり詳しくも無かったから
短い期間ではあるが勉強し資料をつくり、どう話したら分かりやすく
説明できるだろうかと悩んだ。

これが非常に自分にとっても勉強になったのだ。


新たな発見もあった。


「北海道を書くのは難しい」ということだ(苦笑)




北方領土の歴史を説明するために、手描きでホワイトボードに
北海道を書いたのだが、みんなの大爆笑を誘ってしまった。






「それは何ですか?」
というようなモノしか書けなかったからだ。





まあそれは余興として、でも聞いてくれたメンバーからは
「知らないことが多くていろいろ分かったので良かった」とか
「そういう歴史があったのか?」
とか、人によっては
「泰地さんの話が本当かどうか分からない」
とかいう意見もいただけた。


やってよかった!と思った。







だからこそ、今年も引き続き行っていく署名運動に対して意見がある。







物事には順番があるだろう!

署名を集める前に、数値目標を立てる前に
まず我々の意思統一を図るのが先決だろう!




「北方領土をなぜ返還せなあかんの?」

「戦争で負けたんだから仕方ないんちゃうん?」

「竹島が日本の領土って言ったって、韓国だって同じように
主張してるんだろう?双方言い分があるんじゃないの?」

「二島分割案もあるけど、あれじゃダメなの?なぜダメなの?」

「他国と揉めてまで交渉しなくてもいいんじゃないの?」

「戦争になったらどうするの?」



「『元々固有の領土』って言うけど、元々ってどこまでなの?
元々国も無かったのだから、どちらでもないんじゃないの?」




こんな質問や意見を投げかけられて、アタフタしてるようなら
署名なんか集めるだけ恥を晒すようなものだと思う。






だが、こんな意見を叫んでも、担当の人まで届いたとしても
「それはちゃんと勉強していただける資料とかはご用意してますよ」
とか
「HPからダウンロード出来ますよ」
とかいう返事だと思う。



しかし僕から言わせると、全然発信不足だ。



数を集めたいと言う意志は伝わってくるが、この問題に対し
意思統一を図ろう!みんなで共に勉強しよう!というような
意志は残念ながら感じない。




熱が伝わらないと、人は動かない・・・と思う。


この運動自体は、個人的にも大賛成だから
残念だなあと思う。



「やらされてる感」で100万人の署名を集めるよりも
「意志のこもった」例え1万人の署名の方が、
全然価値があると思うのは、僕だけなのだろうか?





とりあえず、また今年もLOMから意思統一を始めていこう!


・・・今度はもっと上手く、北海道が描けますように・・・



国を愛し国を憂う  泰地 孝志

tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

みんなで勉強し、足並は「ばらばら」でも(揃えてが普通ですが)、ゴール(数ではなく意思)を目指して、共に頑張たいです。
URL | 会長 #-
2010/01/31 17:13 * 編集 *

>会長 様

ありがとうございます!
会長の苦しい立場は自分なりに理解しているつもりですが、このような歴史問題や領土問題などに関しては、僕としてはJCに関係なく以前からライフワークとして自分に与えられた人生の使命として取り組んでおります。
もちろんJCライフの中でも、LOM事業として何回と無くこれらの問題に関する事業を行ってきました。

先日も自分の今年の立場からは言ってはいけないような意見かも知れないですが、あえてぶつけてしまいました。
またゆっくり話ができれば嬉しいです。
共に頑張りましょう!!
URL | 理事長 #-
2010/01/31 18:04 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/341-debe539b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。