08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

風邪

2009.12.03/Thu/13:03:36

風邪をひいてしまった・・・。

火曜日から喉が若干痛かった。昨日水曜日は休みだったので
休養はとれたのだがやはり喉が痛く気だるい感じ、
そして今日朝起きた瞬間に自信が確信に変わった!

これは完璧に風邪だ!

今年は新型インフルエンザの事もあり、カラダには充分気を配っていた。
そしてここ最近はあまり風邪を引くこともなかったのに・・・。


風邪を引くたびに思い出す。
それは大阪時代のこと・・・。

僕は現在自動車の販売会社を自営でやっている訳だが
18歳のときに大阪にある(株)ホンダベルノ近畿という会社に
就職した。
いわゆる「修行」というカタチで、いきなり家を手伝うより
他の飯を食べてからということだ。

就職も初めて、1人暮らしも初めて、県外も初めて
大学に行くのと違って、周りは友達もいないし
もちろん彼女もいない。
会社に行っても年上ばかり。おまけにネットはおろか
携帯も無い時代である。

慣れるまでは寂しくて仕方なかった。

そしてやはり男の1人暮らし。食生活も悪かったし
仕事は営業をやっていたから朝から夜遅くまで・・・。
そんな訳で大阪時代はよく風邪を引いていた。

そんな時にいつも行ってたのが、岸和田にあった○○医院。

もちろんどこの病院に行ったらいいのか全然分からない。
先輩に聞いて行ったのだ。仕事中に。

修行の身だから有給もほとんど取らなかったし、休めなかったのだ。

そこは小さな小さな個人の医院で、当時70歳くらいの
お爺さんの先生と看護婦さんが1人。

しかし待合室にはいつも営業マン風の人がいた。
つまりその辺りの営業マン御用達の医院だったのだ。

このお爺さんの先生、症状を聞くとろくに診察もせず
すぐ注射を打ってくれた。薬もほとんど出さなかったと思う。

しかしこの注射、怖いぐらいに効くのだ!

例えば午前中に行って注射して貰うと、午後もずっと仕事を
しているのに、段々カラダが調子よくなっていく!

夕方から夜にかけて、食欲などがドンドン戻ってくる!

寝る前にはほとんど健康体。そして一晩寝たら完璧に
治っていたものだ。


あの注射の成分はいったいどんなんだったんだろう?

あの注射、打って欲しいなあ!

・・・風邪を引くたびにそんなことを思うのだ。


しかし、ここは徳島県小松島市、そんなものにすがる訳にはいかない!

今週末から来週末にかけても、スケジュールが目白押しだ。
おまけに本業の方も段々忙しくなってくる!


・・・早く治さなければ・・・。

tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

この記事に対するコメント

にんにく注射。が効くというが。
URL | bacchirin #/c2.ISBc
2009/12/03 15:55 * 編集 *

>bacchirin様

にんにく注射は何回か打ったことあるのですが
確かに効きますね。

でも岸和田のあの病院の注射の威力は
後にも先にもあそこだけなんですよ(苦笑)
URL | 次年度 #-
2009/12/03 17:11 * 編集 *
go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://komatusima.blog115.fc2.com/tb.php/251-8ed72887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。