カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

誰かのために何かのために

2010.12.31/Fri/12:34:56

例えば、風邪をひいたとして、鼻が詰まった時に
鼻が快調な時のありがたさを知るように、




喉が痛くなって初めて、喉が調子の良いありがたさを
思い返すように・・・








例えば、余命宣告を受けて初めて、空の青さや
山の緑の美しさに気付き、そして平々凡々でも毎日元気に暮らして
いけることの幸せを痛感するように・・・








僕も本日をもって卒業することになって、
いつしかJCの素晴らしさや現役でいることの出来る幸せを、
今日までとは違った感覚で捉える日がくるのだろう・・・





それは5日の理事会の時かもしれないし、総会の時かも
知れないし、また卒業式の日かも知れない。



ずっと気付かずに、普通に暮らしているかもしれない・・・。











93年に入会して、17年の月日が流れ・・・・

本日をもって、いよいよ卒業することになった。









はっきりいって、93年から00年までの自分は、


クソみたいなJCメンバーであった。






出来ない理由ばかりを考え、やろうとしてこなかった。






金と時間に余裕がある人を妬み嫉み、つかず離れず
適当にやっていた。





そのくせ、言い訳や自分を正当化する術だけは
一人前であった。









00年に初めて委員長、そして理事になり、何かが
少しずつ自分の中で変わっていった。




それから今日までの10年間は、相変わらずののろいスピードであるが
自分なりに少しずつ、階段を上がっていったような気がする。




副理事長3回、委員長3回、監事、専務理事、
いろんな役職をさせていただいた。



そして、ラストイヤーの今年度、理事長という
身に余る大役を仰せつかった。










そして、今頃になって、僕に向けて


クソみたいなメッセージを送ってくるヤツラがいる。










そんな愛すべき仲間に言いたい!






それは、「自分のため」にやってるから

そういう気持ちになるんだよ!!





「自分のため」じゃなく「誰かのため」「何かのため」に

やってみようよ!!










自分自身が、過去にそんなクソみたいな事を
言ってたからよく分かる。



その時自分は間違いなく「自分のため」に
JCをやっていた。




だから、クソみたいな考え方になるのだ。








「誰かのためって言われても、LOMにそんな人がおらん!」

そういう人もいるだろう。



あいつのためにやってやろう!

そういう魅力あるヤツが見当たらないこともあるだろう!





しかし、それならお世話になった卒業した先輩のためでもいいし
まだ見ぬ新入会員のためにやったっていいんじゃないだろうか?





愛する家族のためにとか、友人のためにJCをやったらいいのだ!








人は一人では生きていけないし、自分だけで生きてるわけじゃない。




僕という人間は、勝手に生まれてきたわけではない。


あなたという人間も、もちろんそうだ。




両親の思いもあるが、もっとさかのぼれば、先祖代々の先人達の
思いや苦労や努力があって、この世に生まれてこれたのだ。






そして、現代に生きている・・・。





しかし、現代に生きているだけではない。





今の若い世代、これから生まれてくるまだ見ぬ人たちのために
何かを繋いでいかなければならない。







今がよければそれでいい

自分さえ良ければそれでいい


そんな考えから脱却し、先人達の労苦を思い、
次代を担う人たちに繋げていく・・・・





それこそが

「縦軸の民主主義」
なのだ。






このブログでもそうだ。



「泰地は、あんなん書くの好きやけんなあ」


「よっぽどヒマなんだろうなあ」


「ただの自己満足だろう」


こんな事を言う人たちもいるだろう。








でも・・・


「好き」だけで、こんなん書けるかい!!


お前の方がよっぽどヒマじゃ!!!



と言いたい。




「書くのが好き」とか「ヒマだから」とか
「自分のため」とかで毎日書けるわけがない。
(少なくとも僕は書けない)







僕は、「メンバーのために」「小松島JCのために」
悩み苦しみながら、一生懸命書いてきた。







理事長としても「誰かのために」「何かのために」
やってきたつもりである。



なぜこんな僕でもやってこれたのか?







それはみんなが「泰地 孝志のために」「小松島のために」
「何かのために」一生懸命やってくれたからだ。




本当に、嬉しかった・・・。






「見る前に跳んで」くれ
「当たり前のことを当たり前にして」くれ
「明日死ぬと思って生きて」くれ
「永遠に生きると思って学んで」くれ・・・


そして

一生涯忘れる事の無い、
「記録」よりも「記憶」に残る一年にしてくれた。







本当に、幸せだった・・・。








現役メンバーだけではなく
ご指導いただいた先輩方
周りで支えていただいた方々
気持ちよく送り出してくれた家族、社員・・・



皆様のおかげで、なんとかここまでたどり着いた。











最後の日になって・・・


一片の曇りも無い、清清しい気持ちで卒業を迎えられること


理事長をやり遂げた、と自信を持って言えること


幸せな一年だったと胸を張って言えること



に感謝し、また今後も



「誰かのために」「何かのために」





生きていくことをお誓いして、この



泰地理事長ブログ~Brotherhood~

閉じさせていただきます。












月並みな言葉ですが、これしかありません







ありがとう!!


・・・そして、さようなら・・・








ご拝読ありがとうございました


2010年度社団法人小松島青年会議所理事長 泰地 孝志
スポンサーサイト
tb: 1 |  cm: 12
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。