カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

2010望年会

2010.12.10/Fri/10:08:55

タイトルは誤字じゃない。


昨年、我が社団法人小松島青年会議所は、忘年会のスタイルを
一新した。





従来は、来賓そして他LOMのメンバーなどお招きして
行っていたのを、現役とシニアのみの開催にした。



これは、他LOMの方々のご負担を軽減するというのも
目的ではあるが、何よりもシニアと現役の密接な関係を
再構築したかったというのが最大の目的であった。





この忘年会を担当したのが、本年度専務理事
昨年度ゆいま~る委員会委員長森井君であり、
その委員会の担当副理事長が、僕であった。






そして、もう一つ一新したのが、タイトルである。



「一年を振り返り、また来年を望む会が
『忘』年会でいいのだろうか?」

というコンセプトのもと、



「望年会」

というタイトルで開催することにしたのだ。





このタイトルを思いついたのが、僕であった。
(他でもあるのかも知れないが)






頭に浮かんだ時は、正直


「来たな!」

と思った。



「あっちゃん、やったな!」

と自画自賛したものだ。






これは結構よそでもパクられるんちゃう?



流行るんちゃう?




ぐらい天狗になっていた・・・・。






ところが、森井委員長に説明しても反応がいまいちであった。


「まあ、そのタイトルにどうしてもしたいのだったらどうぞ・・・」

みたいな感じの反応なのだ。






「森井君、内心は褒めたいのにわざと抑えてるな(笑)」


その時はまだこれぐらい自信を持っていた・・・。





しかし、シニアの先輩方に案内状を送った後、
賞賛の嵐が吹き荒れるのかと思っていた僕に
悲劇が待ち構えていた・・・・。



悲劇の内容はこちらです↓
2009年12月2日ブログ「『望』年会!」





とはいうものの、2009望年会は盛況のうちに終わり
自分としても先輩方と楽しく有意義な時間が作れたと思う。





ただ、このタイトルは去年一年限りだろうな・・・と思っていた。






しかし、今年度担当のTreasure委員会中條委員長の
議案には
「望年会」としっかりと受け継がれていた!


気を遣ってくれたのか?
不憫に思ってくれたのか?
コピー&ペーストなのか?




理由は分からないが、とにもかくにも
明日12月11日は


「2010年度社団法人小松島青年会議所 望年会」

が開催される。




僕としても、一年間守り続けてきた、理事長バッジを
田中次年度理事長に引き継ぐ、記念すべき一日である。





昨年同様、明日の望年会も


「今年度の労をねぎらい、次年度を大いに語り合う会」

にしたいと思っております。







皆様、よろしくお願いします!!




一年経つのは早いなあ  泰地 孝志
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。