カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

国恥記念日

2010.09.25/Sat/16:06:06

船長釈放!!


地検の独断なのか、政府の何らかの介入があったのか・・・。


どちらにせよ


「無理が出てきて道理が引っ込む」

日本は「道理」を引っ込めてしまいました。



返す刀で謝罪と賠償まで求められる始末・・・。





皆さん!9月24日は

「国恥記念日」
と制定しましょう!



歴史的な敗北、国としての恥を
世界中に晒してしまいました。




これからは世界中から、

「外圧さえかければ何でも言いなりになる国」
として、長く無様な姿を晒し続けるでしょう(涙)





いくら、公益社団法人日本青年会議所が
領土問題の署名を集めようとも、我々全国のメンバーが
暑い中寒い中街頭に立って署名を集めようとも、
肝心の政府がこんな無能では、何の意味もありません。




北方領土を占領され
竹島を奪われ
尖閣を失ってまでも
争いごとを避けようとする、日本・・・。





・・・次は沖縄でしょうか?







こんな事を言うと

「沖縄まで奪われることなんか絶対ないよ!」

とか

「いくら中国でもそこまではしないだろう」

とか言う人がいる。






その人たちに聞いてみたい。



沖縄と尖閣と、どう違うのか?

沖縄とチベットと、どう違うのか?


どちらも一緒なのだ。




どこも、一度として中国の領土になんか
なったことがない所なのだ。




無理が通れば、沖縄だろうが北海道だろうが
どこの国でも狙ってくる。





外圧さえかければ、何でも言いなりになる国ならば・・・。






いったいいつから日本はこんな国に成り下がってしまったのだろう。



靖国に眠る英霊達は、泣いていることだろう・・・。








「告知」ブログは書けませんでした(涙) 泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

告知の告知

2010.09.24/Fri/16:15:27

最近のブログを読み返してみると

「これってJCの理事長ブログか?」

と思うほど、JCネタが少ない。



活動が少ないわけではなく、むしろ夏前に比べると
非常に忙しいのだが、なかなか水面下の行動が多く
ブログに書きにくいのだ。



それと、我がJC(青年会議所)というのは
中にいるメンバーはほとんど変わらないのだが
夏ごろにはほとんどの会員会議所(LOM)が
翌年の理事長が決まり、組織図が固まっていき
次年度体制が構築される。

活動も今年度のものもしつつ、来年度の準備も
始まっていくから、一人二役みたいな感じになり
忙しくなっていくのだ。



特に今年度も次年度も両方忙しい役職が与えられた
人とかはなかなか大変である。



そういう僕は、今年は理事長であるが、今年度をもって
卒業、次年度は「直前理事長」という役職があるものの
ほとんど次年度に関する情報は入ってこない。


そうなったらそうなったで、少し寂しい感じもするが
それはもう仕方ないことなのだ。



40歳を迎える年度で卒業、というルールなのだ。




しかし、終わりがあるからこそ、やっていける気もする。


このルールが無ければ、いつまでも続けられるが
それはそれでイヤになってしまうと思う。




という訳で、なかなか次年度の方も大変だと思うが
残りわずかの今年度もよろしくお願いします!!





その今年度、社団法人 小松島青年会議所の後半の
目玉事業


「タイムカプセル2010~未来へ繋ぐ宝箱~」


が、いよいよ近づいてきた!




明日か明後日、この事業の告知ブログを
書きたいと思います。




今日はタイトルどおり、

「告知の告知」


ということで、お開きとさせていただきます・・・。






尖閣も竹島も北方領土も、日本固有の領土です  泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 6
go page top

 

牛丼戦争に物申す!

2010.09.23/Thu/17:44:26

「牛丼戦争」が勃発しているらしい。



吉野家、すき家、松屋、なか卵などが争っている。



ニュースなどで吉野家が○○○円にしたとか、
今度は松屋が期間限定で○○○円にしたとか・・・。




なんか売上高では、吉野家の一人負けらしいが
僕はこの牛丼の値下げ競争には
全く興味が無い!






というと

「俺、金持ちだからそんなとこ行かないんだよね!」
とか


「俺、牛丼嫌いなんだよね・・・。」

とか思われるかも知れないが、全くそんなことはない。
(しかしなんで標準語?)





牛丼は大好きだし、その4社の中で1社の店舗には
わりあいよく行く。(最近あまり行ってないなあ)
(後の3社の牛丼は、美味しくないから食べない。)




金持ちでもないし・・・(涙)。











ここからは僕の文句になるのだが、なぜこの牛丼戦争に
全く興味が無いかというと・・・




値下げ、値下げと言いながら、値下げしてるのは

並盛りばっかりだからだ!!







僕は並盛りなんか食べないのだ!!


大盛りか特盛りしか頼まないのだ!!!


並盛りを頼んだことがないのだ!!!





値下げ競争とか言いながら、僕の食べる大盛りや
特盛りは全く値段を変えない。





こんな客はどうでもいいんかい?と思ってしまう。





「それなら並を2杯食べたら?」
とアドバイスを送ってくれた人もいるが
なんかそれはそれで頼みにくい。






大食いだが、ハートは繊細なのだ(笑)。






よくよく考えてみると、この時期に平気な顔をして
大盛りや特盛りを頼むお客さんこそ、本当に
その店を愛してくれている方々ではないだろうか?



並とほとんど原価は変わらないだろうに、高いお金を払って
黙々と食べているのだ。




牛丼戦争を後方支援している、我々のような連中を
もっと会社サイドも意識して欲しい。





そして、たまにはそっちのメニューも
値引きしてくださいね!






好きな1社バレバレですね(汗)  泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

打ち上げ

2010.09.22/Wed/19:52:53

昨夜は、ちょっと時間が経ってしまったが、先日ブース出店したチャリティー阿波おどりの打ち上げを華々しく?開催した

場所は僕のホームグラウンド、情熱ホルモン

協力していただいた全員に来て欲しかったが、なかなかそういう訳にもいかず、六人で行った。

そのあとは自由行動


とても面白かったです
(小学生の作文か中身を書きなさい)


いろんなリスクもあったが、こうしてみんなと楽しく打ち上げが出来て本当に良かった。


来年も是非今年の反省点を踏まえ、参加して欲しい。


そろそろ家に帰ろう(あれっ) 泰地孝志
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

勝てない!

2010.09.21/Tue/17:04:18

中国・北京市への来月中の訪問を予定していた東京都の石原慎太郎知事は21日、尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件への中国側の強硬姿勢を受けて、「あんな不愉快な国には頼まれても行かない。閣僚級交流を停止するというが、私は閣僚級以上ですから」と述べ、訪中を取りやめる意向を示した。

 石原知事は同日開会した定例都議会の後、報道陣に対し、「中国がやっていることは理不尽な、やくざがやっていることと同じ」と怒りを見せ、「何で政府は実行処置をとらないのか。例えば日本の潜水艦が韓国や北鮮、中国の領海を侵犯したら爆雷を落とされる。何で日本はやらないのか。防衛省はアメリカとの防衛演習を尖閣でやればいい」などと語った。

 さらに石原知事は、尖閣諸島の問題が「日米中関係の試金石になる」と指摘。「アメリカは必ず化けの皮をはがす。日本に対し、アメリカが動かないということになれば、東南アジアにおけるアメリカの権威失墜が歴然となる。世界の不信を買う最初の取っかかりを作るのは尖閣だ」と力説した。

 一方、11月に東京でアジアの大都市がアジア地域の発展に取り組むために結成した「アジア大都市ネットワーク21」の総会が開かれることを指摘された石原知事は「中国がアジアにとって迷惑な存在だったら、皆で防がないといかん。日本も過大な努力をしなくてはいけない」とした。

 石原知事は世界の都市の持続的発展を議論する国際フォーラムへの参加や、中国の政界の要人らと会談するため、2008年の北京五輪開会式への出席以来2度目となる訪中を計画。しかし、中国漁船衝突事件の展開次第で、中止も検討していた


<産経ニュースより>




素晴らしい!

素晴らしすぎる!!


かっこいいぜ!石原慎太郎!!!





なんでこんな政治家ばかりにならないのか?





自国の領土を踏みにじられても、薄笑いを浮かべて

「まあまあ、冷静に・・・。」


こんな態度ではどんどん日本は植民地化していくだろう。




ひょっとして、争いごとになるよりは、穏便に解決するなら
島の一つや二つ(一つや二つの話ではないが)
くれてやってもいいのだろうか?


それより中国人の旅行の大量キャンセルが入ったほうが
「由々しき問題」なのだろうか?







勝てない!


「大東亜共栄圏」を守るという大義のもと
有色人種で唯一白人の列強に立ち向かった先人達には
勝てるわけが無い。



その先人の労苦を労うどころか
敬うどころか、尊ぶどころか
無意味な戦争だったと嘲り
犬死にだったと罵るようでは
絶対に勝てない・・・。




今こそ立ち上がれ!ニッポン!!  泰地 孝志



※誤解を招く表現がありますが、前にも書いたように
僕は特定の政党や宗教の支持者ではございません。
tb: 0 |  cm: 4
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。