カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

俺の名前は!!

2010.06.27/Sun/12:50:24

「社団法人 小松島青年会議所 理事長
 たいち たかし君はじめ、メンバーの皆様です!!」






はぁ~・・・またかい・・・という気分で立ち上がる・・・。







昨日の四国地区会員大会式典でも


「たいち たかし君」になってしまった・・・。











昭和45年11月27日、徳島市内の病院にて
羽ノ浦町在住の泰地孝次、順子の長男が誕生した。





母順子はその子の顔を見たとたん

「お盆みたいな顔やなあ」
と思ったほど、真ん丸い顔の赤ちゃんであった。




その可愛い?赤ちゃんに二人は

「孝志」と名前を付けた。






親孝行で、志を持った人間になって欲しいと思ったのか
父親の一字を取ったのか、それは分からない。




親戚の叔母が名づけたという噂もある。




しかし、この両親は、この字でありながら
「あつし」と名づけたのだ。




誰が読もうと、この字は「たかし」である。


その字に対して「あつし」、いわゆる当て字である。




とにかく、そういう名前を付けたのだ。






その子は、小さいころから

「あっちゃん、あっちゃん!」

と呼ばれながら、また大きくなってからも
一部の業界の方々からは


「あっちゃん♪今日は出てこないの?」

などと呼ばれながらすくすくと育っていった。
(営業メールやん!!)







しかし、この名前はこの子の人生に深く関わってくる。





どこに行ってもまともに読んでもらえないのだ。



学校に入学しても、
進級しても、
病院に行っても
歯医者に行っても、
アルバイトに行っても、
就職しても、
何かの団体に入っても・・・。



どこに行こうが


「たいち たかしさん!」


「たいち たかし君!」




その度にこの子は


「いや、『あつし』です!」
と訂正しながら生きてきた。






訂正し続けた人生、といっても過言ではないかも知れない。








訂正もせず、流す時もあった。



いちいち言うのが面倒くさいのだ。





そしてこの子は23歳の時に、「青年会議所」という
団体に入る。



フラフラしながら、39歳にして理事長となる。




そして2010年6月26日、

「社団法人日本青年会議所四国地区会員大会」

の式典の紹介の時に、数えてはいないが最早1000回目以上では
あろうと思われる


「たいち たかし君!」

と呼ばれてしまったのだ。








こんな時、いつも思う・・・。




どうしたらいいのだろうか?と・・・。






「(司会の)お姉さん!違います!
僕の名前は『あつし』です!『あっちゃん』です!」


と大勢の人の前で大声で訂正を求めたらいいのか、
はたまた昨日みたいに黙ってやり過ごしたらいいのか?




昨日みたいにやり過ごせば、おそらくほとんどの人は
なんとも思わないだろう。

場も乱すこともないし、僕だけが辛抱すればいいだけのことだ。




しかし、僕の名前を知っている人は

「あれっ?間違ってるのにスルーしたな。」

と思うだろう。




そして、名前というのは親から付けてもらった大事なものである。



やはり訂正するべきだという意見もあるだろう。







これからどうしたらいいのでしょうか?

皆様もし良ければご意見をお聞かせ下さい。





おまけに昨日は名前を間違えられただけでなく
その後僕の

「はい!」
という声に合わせて立ち上がり、一緒に


「こんにちは!!」
と挨拶するはずのメンバーが、若干の時間差で立ち上がるという
イタズラをされてしまい、かなり目が泳いでしまった(涙)




仕掛け人は市山直前




去年僕と森井君が市山理事長(当時)に仕掛けた
ドッキリの仕返しらしい。



そのドッキリとは↓こちら

2009年4月25日市山理事長ブログ「ゆいま~る委員会の崩壊」




市山直前、なかなかビビッたよ(苦笑)






最後になりましたが、昨日は「天候」という
最大の天敵が立ち塞がる中、大会開催に向けて
一生懸命頑張られた、柏木委員長はじめ委員会メンバーの
皆様、そして門田理事長はじめ
(社)阿南青年会議所のメンバーの皆様、
本当にお疲れ様でした!
お世話になりました!


今日と昨日の天気が変わっていたら、どれだけ
良かっただろうと、心から思います。


過去、自分も台風や大雨で流してしまった事業を
時には参加しながら、時には主催しながら
見てきました。


しかし今まで見てきた中でも、一番悔しそうだったのが
昨日の柏木委員長でした。



天候相手には、どうしようもないと分かってはいるが
JC選抜VS女子プロ野球 見たかった  

      泰地 孝志
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 6
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。