カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

見る前に跳べ!

2010.02.02/Tue/10:12:43

例えば夜の高速を走っているとする。


大型のトラックやダンプが5台くらい連なって走っている。



さすがに遅いので追越車線に入り、5台追い越しをかける。


追越しながら僕はこんなことを考える。


「今この僕のクルマの真横におるヤツ、急に車線変更するんじゃないだろうか?」
「このおっさん、飲んで無いだろうか?」
「このクルマの会社、過酷な労働条件でオッサン寝てないんちゃうのか?」
「このクルマからは真横にいる僕のクルマ、見えてるのか?」
「このトラックの荷物積み込んだ時に雨がひどくて、適当にロープ
縛ってるんじゃないだろうか?」
「登坂車線のあのクルマが右に寄ってきて、つられてこのクルマも
僕の方に寄って来ないだろうか?」


こんな心配をしながら抜いていくから、常にドキドキするし、かなり疲れる。

こんなんでよく去年色々なところへクルマで出向いたものだなあと思う。








しかしこれは運転に限ったことではなく、何事においてもそうなのだ。






・・・要するに、極端な「心配性」なのだ。







昨夜のPleasure委員会でもそうだった。

卒業式の打ち合わせをしていたのだが、何かと心配で心配で・・・。


内容に関わることなので、詳しいことは書けないのだが
とにかくいろいろ心配になる。



一つ心配事が片付いたら、また違う心配事が出てくる!






「もうそんなに気にせられん!いけるわ!!」

昨日も池渕副理事長や森井専務理事に何度となく言われた・・・。






今年度の基本理念のサブタイトルに
「見る前に跳べ!」
と掲げさせていただいたが、これこそ僕のための言葉だと思う。



元々「見る前に跳べる」人は、逆に慎重な部分も必要だと思うが
僕みたいな心配性の人間には、この「見る前に跳ぶ」という要素を
持つことが必要だと思う。




2月11日に向けて、思いっきり跳びたい  泰地 孝志
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。