カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

灰皿いかがっすかあ!

2010.02.23/Tue/13:31:30

2月11日に行われた我が社団法人小松島青年会議所卒業式


例年と違う場所で行った最大の理由は、キャパシティの問題であった。




結果的にあれだけ大勢の方々がお越しになられ、あの場所を選んだのは
大正解であったと思う。
(例年の場所なら、まず無理だったであろう)






しかし、何かを得るためには、何かを犠牲にしなくてはならない。



今年選んだ会場は、なんと「館内禁煙」であったのだ!



タバコを吸わない方にとっては、何でもないことだが
実は主催者の責任者として、この「禁煙」ということが
ずっと引っ掛かっていた。







もちろん卒業式の「式典」の部分においては
どこの卒業式でも、禁煙である。






しかしそのセレモニーがおわり、「パーティー」の方に移れば
やはり飲食を伴い、お酒も出るからやはりタバコを吸う人が
かなりいる。(僕も愛煙家だ)




その方々に対して、いったん会場から出てもらって
喫煙場所に行って吸ってもらうというのが
非常に心苦しかったのだ。




そして会場内でいろんな趣向を凝らした演出とかしてるときに
中に人が少なくて喫煙場所が人が一杯とか、そんな嫌な状況を
想像したりしてるうちに、どんどん心配になっていった。






しかしそんな心配は杞憂で、いざ当日になると皆さん節度ある対応を
していただいて、会場のルールに従っていただいた。


とはいうものの、やはり喫煙される方々にとってはご迷惑をお掛けしたと思う。


本当にありがとうございました!




とこれで終わればいいのだが、実は卒業式前日ドラマがあった。





「特例として喫煙を認めてもらえるかも知れない?」


という動きがあったのだ!






まだ確定ではなかったのだが、何よりもこの禁煙のことが
気がかりだった僕はこれを聞いて大喜び!







喫煙になれば当然灰皿が必要だ!!


ということで、余りにも嬉しくなって前日休みだった僕は



「よっしゃ!ワイが灰皿こうてくるわ!!」


といい、2月10日に100円ショップをハシゴして
灰皿60個を購入したのだ!




1軒の100円ショップでは数が足らなくて
結局3軒の店を廻って買って来た!



P1000296.jpg





しかし2月23日現在、この灰皿たちは無傷無使用のまま
うちの会社におります(苦笑)


結局、やはりルールはルール、喫煙は認められなかったのだ・・・。





何でも早とちりしてはいけない。




各LOMの皆様、なにか事業とかで灰皿が必要なときは
僕の方までご連絡ください!

進呈させていただきます!
(決算には入れてないので・・・)


なんぼ僕が愛煙家とはいえ、これだけの灰皿は使えないです(苦笑)



基本理念の通り、見る前に跳んでしまった  泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

訳がわからん!

2010.02.22/Mon/13:47:21

相変わらず訳が分からない冬季五輪。


ラージヒルのジャンプでも途中で中断が入る。



風が強いからだそうだ・・・・




おいおい!ちょっと待てよ!!

風を求めて飛んでるんじゃないの?


それで記録を争ってるんでしょ?


それに中断前にバンバン飛んでたヤツラの記録は有効なんでしょ?


その飛んでた時と今中断してるときの風はどう違うの?


どれぐらい風が吹いたら中断になるの?









おっさんがまた再開を指示する。


風が収まってるから中断前より明らかに記録が伸びない。











またしばらくすると中断する。






今度は風が無いからだそうだ。









うーーーん・・・いやはや・・・(汗)







誰も飛ばずにこのオッサンに1位から3位まで決めてもらったら
いいのではないだろうか・・・・?(好きなタイプとかで)





どうも納得いかない   泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

取引先

2010.02.21/Sun/13:13:41

本日もJCに全く関係ない話です(苦笑)




うちの会社はホンダの販売店をしている。




お客様がいっぱい来てくれたら一番いいのだが
当然店に来られる方はお客様だけではなくて
いろんな人が来られる。



お客様以外で一番来る人たちと言うのが
いわゆる「取引先の方々」である。



保険会社の人、銀行の人、部品会社の人、業者の人・・・・
一日店にいると、様々な業界の方々が出入りしている。



その中で、特に保険会社の人に多いのだが
クルマで店に入って来ずに、店の周りにクルマを止めて
歩いてくる人がいる。





なぜかというと、その人たちはホンダ以外のクルマ
乗ってるからなのだ!


つまり取引先であるうちの会社に気を使って
わざわざ離れたところにクルマを止めて入ってくるのである。


人によってはかなり離れたコンビニに止めて
時間掛けて歩いてくる。



もう僕はこれが嫌いで嫌いで、何年か前から
「それはやめてくれ。どこのメーカーのクルマでもいいから
店の中まで入ってきてください。」
と頼んで、それ以来どのメーカーに乗ってようが、敷地内で
駐車してもらうようにしていただいている。



そんな気遣いは無用だ。




そして周りにクルマを止めたら、その付近の人たちに迷惑が
かかるし、周りから
あの会社、やっぱりホンダ以外の車は入ってくるなって
取引先に言うとんやなあ。可哀相にあんなトコに止めて
歩いていっきょるわ

と思われたりするのもイヤだ。


でも担当者が変わったりすると、また同じことになる。



先日も最近変わった担当の人が、店の前の反対側の土地に
止めて歩いてきてたから、そんなことしなくていいよと
説明した。





しかしおかしいことに、その人はフィットに乗って来てるのだ。


理由を聞くと

「ホンダのクルマですが、御社で購入して無いので・・・・。」
ときた!








もうええって!

そんなこと気にせえへんけん!


と笑いながら言ったのだが、彼に聞いたところ中には
そんなことでうるさく言う会社もあるらしい。




なんという料簡の狭さだろうか・・・・?


そんなしょうもないこと気にする間があったら
本業を頑張ったらいいのだ!と思う。



そろそろ昼飯タイムを迎える   泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

ナウシカ

2010.02.20/Sat/16:46:33

昨日の夕方、森井専務から電話がかかってきた!



「泰地さん、今日ナウシカあるよ!絶対見てよ!」



1月29日ブログ「宮崎駿」で書いたように、アニメはほとんど見ない
そしてジブリ作品をただの一つも見たことが無い僕・・・。



ファーストタッチはどれにしたらという問いかけに対し
一番多かった意見が「風の谷のナウシカ」であった。



森井君もその意見だったので、昨日テレビで放送されるということで
電話をくれたのだった。



しかし、昨夜は羽ノ浦町商工会青年部の全体会があったため
テレビは見れないのだ。


「それなら録画して!」
という森井専務に、僕は驚愕の真実を語り始めた・・・。




実は月曜日に「風の谷のナウシカ」DVDでレンタルしてきたのだ!





アニメをレンタルするのは生まれて初めてだったので
嫁と一緒に行った。


アニメコーナーをうろるくのも初めてで、アダルトコーナーに行くような
緊張感を感じた。(アダルトも今まで借りたことが無い)



「何で土曜日にテレビでするのにわざわざ借りるの?
バカじゃねえの」

というご意見を持つ方もいらっしゃるだろう。


実はこれには理由がある。


土曜日に放送するのを知らなかったわけではない。

嫁が知っていて、教えてくれたからだ。






しかし、ナウシカに負けたくなかったのだ。


僕がナウシカの始まる時間に合わせてテレビの前に座るのは
僕の負けなのだ!




また、録画すると言うのも、なんか負けに等しい感じがする。



僕がナウシカに合わせるのではなく
ナウシカが僕の都合に合わせるべきなのだ!




そういう形をとりたかったのだ!






あんな小娘に負けるわけにはいかないのだ!
(ナウシカファンの皆様すいません)









レンタル店では、ナウシカは3本あったが、そのうち2本はレンタル中であった。





僕と同じようにナウシカに負けたくない連中か、
はたまたただのバカなのか?(どっちもバカという意見もあるでしょうが)





そして、今日現在まだDVDは見ていない。






ナウシカもそろそろ焦っているはずだ。


「この日本中で大人気の私を、月曜日からずっとほったらかしか?」
とか思いながらイライラしてるはずであろう。







このまま見ずに返してやろうか?





それこそ僕の完全なる大勝利であろう!!


こんなバカな妄想をしてる場合じゃない  泰地 孝志
tb: 1 |  cm: 2
go page top

 

負け面

2010.02.19/Fri/08:33:56

僕の最大の趣味は「麻雀」である。



麻雀と言うと、あまり良いイメージを抱く人は少ないかもしれない。





しかし結構真面目に取り組んでいて、プロの方とも仲良くさせていただいたり
してるから、たまに大会なんかにも出たりしている。
(大会の緊迫感はなかなか凄いですよ)




それ以外では、仲間内で麻雀したりはせず、「フリー雀荘」といって
知らない客同士で決まったルールの下で麻雀を打てるところが
あって、そういうところで打っている。



仲間内で打つと、どうしても時間が長くなったり、やめたいのにやめれなかったり
逆に熱くなって粘ったり、お金の貸し借りがあったりして良くない。




フリーならいつでも好きなときに行って、またやめたい時にやめれる。



まあ最近は、特に今年はほとんど打ててないのだが・・・(少し寂しい






麻雀を打ってると、知らない人でもその人の人間性がすぐ分かる。

汚い人間、卑怯な性格、堅実な人間、リスキーなヤツ・・・。



僕はゴルフをしないが、ゴルフでも多分そうだと思う。



そして、そんな雀荘のような社会から白い目で見られるようなとこにも
男前なヤツがいる。










僕が一番男前やなあと思うのは・・・










負け面のいい男である!













当たり前のことだが、誰にとっても全勝というのは無理である。


人生と一緒で、勝ったり負けたりだ。


勝ったときには誰もが良い顔が出来る。





負けたときにこそ、その人の底が見えると思う。










勝った時には「ツイてました」と自分を謙り
負けたときには「強いな!」「強かったな!」と相手を
称えられる人こそ、真の強者だと思う。





ところが現実はこの言葉遣いが逆のお方が多い。



勝ってるときは、口には出さぬとも天下を取ったような
ドヤ顔でいる癖に、負けたときは悔しさを必死で隠して
ツイてたな」と負け惜しみを言う。













「バカヅキやな!」
とわざわざ頭にバカまでつけるお方もいる。






そんな様子は傍から見ていて非常に見苦しい。





どこまで主役でいるつもりなのだろうか?



脇役に廻ったときこそ、その人の全てが見られてる。


見る人は見ている。















・・・負け面の爽やかな、男前な男になりたい・・・。






分かっちゃいるけどなかなか実践出来ない 泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。