カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

京都会議報告~初恋2010編~

2010.01.27/Wed/08:22:07

この想いが君を
苦しめてしまうとしても
傷つけてしまうとしても
君が欲しくて

たがいに手に入れた
新しい幸せ
いまこの手で
壊してしまいそう

帰るべき場所がある
守るべき人がいる
愚かすぎる過ちと
知っているから・・・

友達ではいられないことも
恋人には戻れないことも
わかってるよ でもこの真心を
永遠の はつ恋と呼ばせて

     福山雅治 「はつ恋」より














「何をいい感じで歌詞から入っとんじゃい!」



「オッサンの癖に気持ち悪い!」



など、様々な罵詈雑言が聞こえてきそうな雰囲気だが
気にせずいこう(苦笑)














LOMナイトの席上、お酒を持って部屋に入ってきた彼女を見て
胸が震えた。


天下一品白川総本店が近づいてきた時も胸が震えたが
それとは全く違う。





これは・・・一目惚れだ!



2010年度泰地孝志の初恋だ!









「廣野君・・・やばい・・・」


しばらく放心状態だったが、ようやく口を開いた。

僕の左隣り、入り口に近い方に座っていた廣野副専務理事に打ち明ける。


情報は早めに共有しなければいけない。
右隣りの森井専務理事にも、この恋心を打ち明けた。




むちゃくちゃストライクゾーンど真ん中だ



しかし、悲しいかな僕は、ど真ん中のボールに手が出ないのだ。

昔からそうなのだ。

好きになり過ぎると、何もアクションが起こせなくなるのだ。


何かアクションを起こして失敗するより
そのままの関係の方が良いように思うのだ。


気を利かせてくれたのだろう、廣野君が名前を聞いてくれた。


オサベさんというらしい。年は23歳だそうだ。

清楚で、受け答えも素晴らしく感じが良い。


その感じから京都の人かなと思っていたが
実は東北のとある県から、こちらの大学に来たらしい。


気がつけば廣野君はなんと、お酌などをしてもらっている!




うわっ!うわっ!わっ!!

いーな!いーな!




勇気を振り絞って、僕もお酒を注いでもらうことにした。

オサベさんのためなら、苦手な日本酒でもなんぼでも飲める。

写真も撮ってもらったりした。(うわっうわっ!)



あまり引き止めてもいけない。オサベさんが部屋から出る。


フーーーッと大きなため息が出た。


死ぬほど好きだ!


「泰地さん、そんなに気に入ってるんだったら
『仕事終わってからカラオケ行こう』とか言うて
誘ってみたらえーんちゃいます?」


誰かが提案する。


無理無理無理無理!そんなん絶対無理!!




どうでもいいような子ならなんぼでも誘えるが
まさかオサベさんにそんな事絶対に出来ない!




しかしオサベさんのいなくなった部屋はあまりにも寂しい。
(みんな、ごめんね)



「廣野君、日本酒頼んで!!」


注文完了!!


さあ、あのふすまが開いたら、またオサベさんに逢える。



期待に胸を膨らませていると、男の店員が持ってきたりして
空振りに終わることもあったが、意地で注文をしまくった。



彼氏は・・・いるらしい。

当たり前だ!こんな素敵な人を京都府男子が放っておくわけが無い!

しかし・・・誠に羨ましい!(大事にせな殺す!!)



しかし、なんと春から東京に就職が決まったらしい。
京都がむちゃくちゃ好きで、ずっと住みたかったそうだが・・・。

彼氏とも遠距離になるのか・・・。



こんなことを書いていると、僕がオサベさんと話したようだが
実際は全然違う。

僕に気をきかせて、森井君や廣野君が聞いてくれて
僕は横で話を聞きながら

「へーっ」
とか
「大変やなあ」
とか、相槌をうつのが精一杯である。

39にもなるオッサンが、こんな状態なのだから
誠に情け無い限りである。


もちろんカラオケなど誘えるはずも無く、店を出た。



・・・これでいいのだ。




オサベさん、春から就職、頑張ってね。
彼氏とも仲良くやってください。


最後に渡した、真っ赤な名刺には
僕の携帯番号が入っています。


困ったことがあれば、いつでも電話してください。
(誰がするか!絶対かかってこんわい!)



 
純情一直線  泰地 孝志


そして、このブログは、嫁はもちろん
二人の息子もたまに読んでる

二児の父   泰地 孝志 (大丈夫なのか?)    
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 4
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。