カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

福岡一人旅紀行・・・その3

2009.12.29/Tue/09:11:48

結局事故渋滞を抜けるのに二時間近くかかり
ようやく12時10分ごろ福岡に到着した。

カラダも疲れているし、眠い。
ああ、あの渋滞さえなければ・・・。

委員会は13時から始まる。
ホテルの駐車場にクルマを入れ、資料を確認する。
会場へはチェックインした後、タクシーで向かう予定だ。


あっ14時からだ!


資料を見間違えていた。14時からであった。
良かった良かった。
ちょっとゆっくり出来る。

ホテルに荷物を預け、昼食に向かう。
何を食べようかなどとは考えない。

なぜならもう何を食べるかは決まっているからだ!






「一蘭」のラーメンを食べるのだ!!

一蘭・・・天下一品と同じく、僕がこよなく愛するラーメン店である。


創業昭和35年、元々は日本初の会員制のラーメン屋さんだ。
今では逆にチェーン展開し、福岡はもちろん、東京、横浜、名古屋
大阪にも出店している。


「元祖オーダーシステム」「元祖替え玉システム」
「世界初、味集中カウンター」
などの
様々な特色のあるこの店は、我々ファンの心を捉えて
離さない。

また、遠いからいい。すぐ近くにある人を羨ましいと思う反面
一番近くの一蘭に行くのでさえ大阪まで行かなくてはならない
僕は、その一杯に対する思い入れが違う。




遠距離恋愛の恋人に会う気分なのだ。



初めて食べたのはもう10年ほど前であろうか?
ホンダの営業のインセンティブ旅行で福岡に行った。
前日に別府で一泊、翌日福岡で一泊して帰るという
スケジュールだったと思う。

その時も前から食べたくて仕方なかったから
昼過ぎに福岡に到着してすぐ食べに行き
その日の深夜に酔っ払って締めの一杯、
翌日みんながお土産を買ってるときに抜け出して
最後の一杯、
24時間ほどの滞在で、三回も食べたのだ!!
(普通の食事や宴会もこなしながら)




それだけ回数も食べられるのは、やはり単純に美味いという
ことでもあるが、この店のオーダーシステムも大きく作用している。



席に着くとまずオーダー用紙が目の前に置かれている。
これを記入してオーダーするのだ!

その項目とは・・・

① 味の濃さ     うす味 基本 こい味
② こってり度    なし あっさり 基本 こってり 超こってり
③ にんにく     なし 少々 基本 2分の1片分 1片分
④ ねぎ       なし  白ねぎ  青ねぎ
⑤ チャーシュー   なし   あり
⑥ 秘伝のたれ    なし 1/2倍 基本 2倍 { }倍
⑦ 麺のかたさ    超かた かため 基本 やわめ 超やわ


自分の体調、好み、気分、今後の予定などなどを踏まえ
これだけの選択肢から選べるのだ。素晴らしい!
素晴らしすぎる!!


そして「味集中カウンター」だ。
一蘭は目の前と隣席に仕切りがあり、食べてる姿は誰にも見られない。
女性も食べやすいし、何よりもこの目の前の一杯に集中できる環境なのだ。

店員の顔さえ見えない空間なのだ!!




この一蘭のラーメンを食べるのも、今回の旅の大きな目的の一つだ。


早速「一蘭中州川端店」に向けて歩いた。

到着したのはホテルをでてから2分後であった。



これには訳がある。説明しておこう。実はホテルを選ぶときに
「一蘭に近いホテル」から選んだのだ。
あまり失礼だからホテルの名前は伏せるが、このホテルは
一蘭中洲川端店から150mほどにある。
まさに僕の理想のホテルなのだ!!


P1000222.jpg


なんと素晴らしい店構えだろう・・・。

お前に会うために600キロも走ってきたよ・・・。


あ~もう我慢できない!すかさず店に入る!
食券を購入し、カウンターに座る。

こい味 こってり にんにくなし(会議があるから)
白ねぎ 秘伝のタレ二倍 かため


以上記入し店員に渡す!




この待つ時間がたまらない・・・まだかな?まだかな?








この待ち時間を埋めるというか、ラーメンを食べる準備を
整えるのがこれだ!!

ゆで卵


この半熟ゆで卵がまた美味い!!
ここに来ると誰もが板東英二になってしまう。


ゆで卵には味覚をリセットする効果があるらしい。
だから利き酒する人などは、ゆで卵で味覚を戻しながら
する人も多いらしい。



一蘭ではラーメンをまっさらな状態で味わってもらいたいから
ゆで卵を勧めているのだ!









そしてゆで卵を食べ終わるころに届けられるのがこれ!!


一蘭夜



やっと会えたね・・・。



「味集中カウンター」はラーメンと僕との
ラブホのようなものだ。
誰にも邪魔されない!!

一心不乱に食べる食べる!

そして麺が無くなりそうになる前に替え玉を注文!!


第2ラウンドだ!!!





ふぅ~っ 良かった・・・良かったよ・・・
(前回に引き続き下品な表現をお詫びします)




満足感で一杯の僕は、恍惚な表情を浮かべながら
タクシーを拾い、委員会会場に向かうのであった・・・。



いったいいつまで続くんじゃい?とブーイングも聞こえそうな
雰囲気ですが、その4に続きます。よろしくお願いします。


  泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

福岡一人旅紀行~その2~

2009.12.28/Mon/10:23:37

この26日27日は休日特別割引が適用されない。

そう決まったとき「飛行機で行こうかな」とも思ったのだが
「まあえーわ!最後の最後までクルマでいこ!」となった。

しかしそのせいか高速はかなり空いていて
スムーズに9時39分に九州に突入!
関門橋


このままのペースで行くとかなり早めにつきそうだ。


早めに着いて二度目の仮眠を取って、ご飯食べて・・・。
などと考えながら走っていると・・・


「5キロメートル先事故で渋滞しております。
通過に一時間以上かかります」

とナビが喋りだした!





えーっ!一時間?


かなりの事故なんだろうか?

そんな考えてる間もなく、前の車のハザードランプが点灯!


渋滞のスタートである。




もう最悪!予定も大幅に変わるだろう。




ノロノロ運転で3キロほど走ったところだろうか?
下腹部に異変を感じた・・・。


やばい!
と思うと同時に、脳裏には20年ほど前の記憶が蘇ってきた・・・。





当時大阪に住んでいた僕は、休日を利用して奈良県香芝市に住んでいる
友達の所に泊まりに行っていた。

その帰り道、高速走行中同じように下腹部に異変を感じた。

ビッグボーナスだ!
しかしその時は余裕だった。もうあと数キロで松原の料金所だったからだ。
高速下りてすぐ探せばいい。
良かった良かった・・・。

と思う僕の眼前に広がってきた光景は・・・
松原料金所手前の大渋滞であった。

ETCなど陰も形もない時代である。
松原の料金所というのは、かなり大きな料金所だが
それをはるかに凌駕する大量のクルマたちが
何百台もひしめきあっていたのだ。

一台一台が現金で払う時代だったからかなり時間がかかる。
僕のビッグボーナスはもう発射寸前だ!

レギュラーボーナスの方ならまだ方法があるが
なんといってもビッグボーナスだ。どうしよう?


真夏の暑い暑い日だったが、エアコンの風すら誘発の恐れがある。

窓を閉め、エアコンを切り、車の中でエビゾリになって耐えた。

まわりのクルマから見ると、太った青年が車内で汗をダラダラ
流しながら反り返って悶えてるのだから、かなり異様な風景だっただろう。




もう、いてまおう!と思った。

車外に出たら何人もの人に見られる。
そんな生き恥を晒すのならもうこのクルマの中でいてまおう!

それぐらいの大ピンチだったのだ。

しかし何とか車内での大惨事は避けることができ、何とか
料金所を通過!パチンコ店に飛び込むことが出来たのだ。

あの時の爽快感は今でも忘れられない・・・。




いかんいかん!いかんぞ、孝志!

あのような目には二度とあってはいけないのだ!決して!

まだ予兆が出てきたところだが、早めに爆発処理班を呼ばなければ!
暴発させるわけにはいかないのだ!




決死の形相でナビを操作する僕の顔がニッコリ笑顔に変わった。



なんとすぐ近くに「鞍手パーキングエリア」という
あまり聞いたことの無いPAがあったのだ!


良かった・・・。


果たして少し走ると看板が見えてきた。
同じような立場だろうか?それとも渋滞だから
飲み物でも買おうとしてるのだろうか?
次々とクルマが入っていっている。


安心からだろうか?ビッグボーナスの予兆演出が
だんだんと激アツのものに変わっている。
落ち着け落ち着け!もう少しだから!


クルマを止め、トイレへと小走りに向かう。
もう大丈夫だ!





パーティーの始まりだぜ!!!




しかしこれでハッピーエンドとはならなかった・・・。




パーティーが始まった直後、悲劇は起こった!






ガチャッという音がして、ドアが開いた・・・。
開くはずの無い、いや、開いてはいけないドアが・・・。



「うわあっ」
「あああっ、すいません!」


僕と彼(35歳ぐらいの坊主頭の男性)の悲鳴が
鞍手パーキングエリアのトイレに響き渡った!






どうやら気持ちがあせっていたのか
鍵をかけ忘れていたらしい。





彼の驚きの表情は、今回の旅の思い出と共に
一生残るであろう・・・・。




万感の思いで鞍手サービスエリアを後にして
僕は再び事故渋滞の中に車をもぐりこませるのであった・・・。



※お食事中の方は大変失礼致しました!


その3へ続きます。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

最近のサンタ事情

2009.12.28/Mon/01:59:18

12月26日(土)

皆さんの今年のクリスマスは
いかがでしたでしょうか?

私は少し悩んだクリスマスでありました。
というのも、上の娘が3歳になり
保育園でもクリスマスイベントやら
先生からプレゼントをもらえるということで
「サンタ」という存在を理解し始めたのです。

もちろんウチでも毎年クリスマスには
プレゼントやケーキは出していたのですが、
たぶん娘はなぜプレゼントやケーキが
出てくるのか理解できていなかったと思います。

ですが「サンタ」という存在を理解し始めた以上
今年はちょっと悩んでしまいました。

それは「サンタの扱い」についてです。

要するに、
『クリスマスプレゼントは「サンタ」が持ってくる!』
と信じさせるか、
どうせ大きくなったらバレるのだから最初から
『クリスマスプレゼントは「親」が持ってくる!』
と思わせるかという点です。

実際 私は小学校低学年まで「サンタ」の存在を信じており、
当時はサンタを一目見たいと いつ来るかわからない
サンタを徹夜で待っていた記憶があります。
(結局寝てしまいましたが)

サンタが親だと分かってガッカリした記憶もあります。

子供にとって『夢』を見させることは決して
悪いことではない!しかし、世の中の「サンタ情勢」が
【サンタなんていねぇ~よ!】というふうに変わっていたら
保育園に行ったときに我が娘がバカをみる・・・
どうしよう・・

ということで、
おとつい(24日)には かなり悩んでしまい、
最近のサンタ情勢を調べるために
嫁ちゃんとふたりで同年代の子供を持つ
LOMのJCメンバーに電話しまくりました

結局「サンタ情勢」はあまり変わっていないようだったので、
大きくなったらバレるのを覚悟の上で
『クリスマスプレゼントは「サンタ」が持ってくる!』
という方を信じさることにしました

やっぱ子供に『夢』を与えるのも親の役目ですよねぇ。

てなことで、上の娘には任天堂DSを↓
CA3F0057.jpg

下の娘にはDSもどきを↓
091228_0029~01

プレゼントしたウチのクリスマスでありました。




クリスマスに『夢』を与えるという点では
元小松島JCメンバーのS氏も頑張ってます。

↓24日・25日には、花火師サンタから
小松島近辺の皆様に花火のプレゼントをお送りしたようです。
DSCN0360_convert_20091228014058.jpg
               (撮影;ウチの嫁ちゃん)
目撃情報を集めているようですので
見た!という方はS氏までご連絡ください。


更に めでたい情報として、昨日(25日)には
小松島JCメンバーの 田中 靖弘君に
第2子となる女の子が誕生したとの報告がありました!

ダイコウ君おめでとうございま~す

ダイコウ君(田中靖弘君のアダ名ね)も来年は、
子育てに仕事にブロックの委員長に
大変だと思いますが頑張ってください
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

福岡一人旅紀行・・・その1

2009.12.27/Sun/08:25:18

昨日のブログで書いたように、福岡に来ている。

現在まだホテルなのだが、今日からは何回かに分けて
この紀行文を書かせていただきたい。

まだ途中なのに書くのもおかしいが
あまり同じネタで引っ張るのもいやだし
今日帰宅してからは疲れて書けないかもしれないので
朝から書くことにした。

今回福岡に来たのは先日のとおり
真の日本男児育成委員会第8回全体会議出席のためだ。



12月25日21:50 寂しく家を出発。
DVDを返却し、また何本か借りる。(そんなんまで書くの?)

22:50 藍住インター
23;33 香川県の「天下一品高松十川店」到着。
      ここでスタミナをつけないとロングドライブは不可能だ。
      いつもなら
極上チャーシュー丼セットのラーメン特大こってりのメンマ抜き
という長い呪文のようなメニューを頼むのだが、そんなに腹も減って
なかったため「こってりラーメン大のメンマ抜き」にする。

さあ、天一食ったぞ!自分の中ではここがスタートだ!





24:22 瀬戸大橋通過

日付変わった。

02:06 広島通過

このあたりから睡魔に襲われる。もちろん寝ればいい。
しかし出来るだけ寝るまでに走っておくのが僕のやり方だ。
(近藤真彦なら「そいつがオ~レのやりかた!」と歌うだろう)     

もうちょっと走りたいがかなり眠い・・・どうしよう?

02;21宮島サービスエリアに到着。トイレを済ます。


あかん!寝よう!

車内に持ち込んでいた毛布をかぶり、仮眠をとる・・・。

zzz・・・・zzzz・・・zzzz









寒さで目を覚ました!でも結構スッキリしている。
よく寝られた。さて今何時だろう?








7時36分!


仮眠ちゃうやん!熟睡やん!


コーヒーを買って再出発。
思わず時間を食ってしまったが、まだまだ時間的には余裕がある。

ゆっくり行こうぜ!

と心の中に声をかけ、山陽道をひた走っていった・・・。



「その1」はここまでです。

また明日続きを書きますのでよろしくお願いします。


  泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

福岡到着!

2009.12.26/Sat/13:02:47

昨夜22時に出発して今ようやくホテルに着きました。

なぜこんなに時間がかかったのかというと
宮島SAでの爆睡と
古賀SA付近で事故渋滞に巻き込まれたからです(涙)
渋滞抜けるだけで約二時間ほどかかりました。


今から委員会会場に向かいます。

なんとかこんな感じですが今日も書くことが出来ました。

また明日帰ってから長編旅紀行を書きます!


とりあえず無事に到着した報告させていただきました!!
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。