10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

知らないことは言わないほうがいい!

2009.11.30/Mon/18:01:08

また昨日の本次年度地区協議会のことで・・・。

全体会の席上、1人の男の挨拶が非常に気になった。

先日行った沖縄全国大会でタクシーの運転手から聞いた話を引用する形で
彼の挨拶は始まった。

そのタクシーの運転手は、終戦を小学校低学年で迎えたらしい。
運転手曰く「沖縄本島では、北に逃げた人は助かったが
南に逃げた人は殺された。その理由は当時の教育が悪かったからだ。
当時は『米軍に捕まったら殺される。捕虜となったら食事に毒を混ぜられ
食べたら死んでしまう』と教えていた。そのため捕虜となることを恐れ
南に逃げた人は殺されてしまった。自分は北に逃げたため、捕虜と
なったが、三度三度食事を与えられ、生き延びることができた。
今も沖縄でほんまに反米の人がいないのは、そのときの米軍の
捕虜に対する姿勢があったからだ」とのこと。

そして彼はこの運転手の話を伝えた後、こう結んでいった。

何事も「フォロー」が大事なのだ。日本がいまだに中国や韓国から
戦時の行為に対して抗議を受けているのは、日本がフォローが
出来ていなかったからだ。
そして、JC活動においてもフォローが大事である。単年度制ではあるが
年々引き継ぐべきものや精神は引継ぎ、フォローすることが
大事なことである、と締めくくった。


隣に座っていた市山理事長が、後ほど語ったところによると
話の途中から、明らかに僕の顔色が変わっていったらしい。

うーん、ナイス観察眼!

はっきりいってかなり呆れていた。突っ込むところだらけだ。
いかに僕の芸風がツッコミとはいえ、こんな挨拶はないだろう・・・。


日本がフォローをしていない・・・。
このお方は「日韓基本条約」で日本が韓国にいくら支払ったのか
「ODA]という名のもと、中国に対して何兆円支払ったのか知らないのだろうか?

「村山談話」も「河野談話」も知らないのだろうか?

捕虜に食事を与えるのが「フォロー」になるのなら、何の苦労もいらない。
というかそんなことは法律で定められた当たり前の行為である。



二発のタイプの違う原子力爆弾を、軍事施設とか何も関係なく
ただ人口とかが適していただけの二つの都市に落とされ
三十万人も殺された。

東京大空襲をはじめとする各地の空襲も同じだ。アメリカ国内の
世論を押さえるために「一見木造住宅に見せかけているが、実は軍事施設なのだ」と
日本の家屋に関してデマを流し、何十万人もの人々が殺されたのだ。

そのことに対して、いまだかつてアメリカが一言でも謝罪したことがあるか?
一円でも払ったことがあるか?(国家としてですよ、念のため)


日本がフォローが出来てなくて、アメリカがフォローできている?

しかもその理論を展開するのに用いた資料は、沖縄のタクシーの運転手?
おまけに終戦時小学校低学年?(タクシーの運転手を卑下してるわけでは
ないですよ、念のため)



誤解して欲しくないのだが、彼の挨拶は後半部分は僕は大賛成なのだ。
何事もやりっぱなしは良くない。フォローが大事だ。
特にJC活動は単年度制の弊害がよく指摘されているが、それはやはり
年度がかわって役職も変わり、前年度のフォローが出来てないことが
大きな要因だと思うからだ。


ただ、「フォローが大事」ということを言うがために、わざわざそんな事を
引っ張ってこなくていいでしょう、と思うのだ。歴史に疎いのなら、スポーツでも何でも
他に自分の得意な分野からなんぼでも引っ張ってきたらいいじゃないですか?

それかどうしてもその分野から引っ張ってきたいのなら、事前に色々調べてから
いうべきではないだろうか?仮にも地区メンバーの何百人の前でする
挨拶なのだから・・・。


そしてこれも誤解して欲しくないのだが、僕は彼のことを尊敬している。
なぜかというと、僕の周りの人たちが、彼のことを評価しているからだ。

僕は「僕の好きな人が好きな人やモノが好き」である。

ややこしい言い回しだが、例えば僕が第一印象で
「何かこの人嫌な感じやなあ」と思っていても
僕の尊敬する人とかが「あいつはなかなかやるなあ」とか
言ってるのを聞くと、自分の中で評価がガラッと変わるのだ。

自分はその人の事をあまり知らない訳だから、自分の信頼できる人の評価の方を
信用してしまうのである。


例えばの話だが、前回の「黒田4/5」さんの事でも、藤木委員長が
「アイツはああ見えて大した男なんじゃ!」とか言うのを聞いたら
一瞬で評価を変えてしまうと思う。


そうだからこそ、僕は彼のことを尊敬している。
それだけに昨日の挨拶は非常に残念であった。

                    泰地 孝志
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 4
go page top

 

本次年度徳島ブロック協議会

2009.11.29/Sun/00:36:26

11月23日(月)

昨年の今頃を思い出します。
今年もほんまに終わりやなぁ~と思った日でありました。

本日は09年度・10年度本次年度徳島ブロック協議会です。

本次年度徳島ブロック協議会とは、徳島ブロック内の
7つのLOMが一堂に会する全体会のことで、
本日は本年度から次年度へ引き継ぎの会であります。
CA390276_convert_20091127230409.jpg

続々と集まってくる徳島ブロック内メンバー。
CA390277_convert_20091127230439.jpg

まずは、本年度清原会長のご挨拶。
CA390278_convert_20091127230504.jpg

本年度の役員を改めて紹介。
CA390279_convert_20091127230539.jpg

続いて、本年度の事業報告。
CA390282_convert_20091127230603.jpg

暗くて誰だかわかりませんが、
我が小松島JCから研修委員長として
出向した中條君も無事今日の日を
迎えることができました。
本当にお疲れさま。
CA390283_convert_20091127230627.jpg

おっ!懐かしい写真。
小松島JC野球部がブロック野球大会で
優勝したときの写真です。
今年あったことですが、すごく昔にあったこと
のような気がしました。
CA390284_convert_20091127230656.jpg


本年度の事業報告も終わり、
続いて、次年度山口会長のご挨拶。
CA390285_convert_20091127230717.jpg

続いて、来年の事業計画が発表された後、
次年度の役員紹介。
私は前にも書きましたが、監査担当役員という
役職で徳島ブロックにご奉公させていただきます。

最後に谷監査担当役員の講評。
我が小松島JCから長年にわたりブロックに出向された
谷さんも今年でラストイヤー。
ブロ協での最後の講評となりました。
CA390286_convert_20091127230738.jpg

2009年度から2010年度への引き継ぎとなる
会議も無事終わり、続いて懇親会へ突入。

懇親会では、本年度ラストイヤーの方が
檀上へ上がられ、一言づつ挨拶を述べられました。
長きにわたり、本当にご苦労さまでした。
CA390287_convert_20091127230804.jpg

CA390288_convert_20091127230827.jpg

一本締めはもちろんこの方。
42歳が近付いているのに卒業させてもらえない
吉野川JCから出向の須見直前会長。
CA390289_convert_20091127230854.jpg
マイクを持つのは、美馬JCから出向の河合顧問。
この方も今年がラストイヤーです。

この日は来られていませんでしたが、
阿波池田JCから出向の松浦顧問も
今年がラストということで、
ここ数年徳島ブロックを引っ張ってこられた方が
来年はもういないということで
なんとなく寂しい気がいたしますが、
これもJCの決め事でありますので仕方ありません。

私もJC生活残り3年、この方々のようになれるよう
来年以降も頑張ってまいります。

無理無理。
(最近我が娘の口癖です

tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

嬉しい仕事

2009.11.28/Sat/19:28:51

明日は朝から「社団法人日本青年会議所 四国地区協議会
2009年度2010年度本次年度地区協議会」という
名前も長いが時間も長い長い会議が行われるため、
明日のブログを今日のうちに書いてしまうことにしました。

この会議は朝から夜の懇親会までありますが
その中でも自分が出席すべき会議と、出なくてもよい会議があるんです。

ちなみに次年度理事長の僕の場合

9:30~11:30 2010年度会員会議所会議(出ないといけない!)

13:00~14:20 2009年度会員会議所会議(出なくても良い)

13:00~14:20 2009年度各委員会(出なくても良い)
            2010年度各委員会(出なくても良いが、委員が欠席してる委員会に
                         代理で出るのも素敵)
14:40~15:20 全体会議(絶対に出ないといけない)

16:30~18:30 2010年度日本JC事業方針説明会(同じく絶対出席)

19:00~20:30 懇親会(やっと飲み食いできる!)

とこんな感じである。

よくよく見ると分かるのが11:30~14:40の間が、代理出席さえしなければ
結構ヒマなのだ。


「どうしようかなあ?3時間かあ・・・。昼飯食べてゆっくり出来るなあ
けど代理で委員会出た方がいいかなあ?」

などとスケジュール見ながら半笑いしながら考えていた昼下がり
携帯が鳴った!


電話の主は今年度僕が出向させていただいている
日本JC真の日本男児育成委員会の統括幹事からであった。

「泰地さん明日の事業説明会は出席するんですか?」
「はい、出席しますよ」
「藤木委員長が次年度監事として徳島に明日行かれるのですが
空港にお迎えに行けませんかねえ?」
「何時くらいに空港に着くんですか?」
「14時です」

慌ててスケジュールを見直す。
14時徳島空港着・・・ギリギリ全体会議には間に合うだろう!

「はい!大丈夫です!お迎えに行きますよ!」
「ありがとうございます!じゃあ明日委員長をよろしくお願いします」


真の日本男児育成委員会の藤木委員長は来年卒業を迎える方で
僕と同い年だ。
しかし、この人こそまさに「真の日本男児」なのだ!
本当に男からみてほんまにカッコいいと思える(もちろん女性からみても
そうだと思う)人で、この人が委員長をしている委員会に出向できて
本当に良かったと思う。
今年度の安里会頭も凄い人だと思うが、安里会頭が肝いりの委員会を
藤木委員長に任したのも、やはり藤木委員長の人柄だろうと思う。

この委員長の下、我が委員会は「ThePride塾」というプログラムを
全国各地を回って、メンバーに受講していただいた。

もちろん全部出席できたわけではないが、自分として許す限りの
時間を費やして参加してきた。

最初で最後の日本出向が、この委員会で本当に良かったと思っている。

そしてこの委員会に出向するのを許可していただいた、市山理事長にも
非常に非常に感謝している。というのも最初市山理事長から打診された
委員会は、ブロック推薦の委員会であった。だが、僕が無理を言って
「ブロック推薦以外の委員会選んでもいい?」
といったのを許してもらったのだ。
そして、数ある委員会の中から、委員会名に惚れて、この委員会を選ばせて
もらったのだ。

それを許してもらえなかったら、もちろん自分は藤木委員長や、そのほかの
素晴らしい委員会メンバーとも出会えなかったのである。

そして市山理事長が僕の無理を許すのに非常に葛藤があっただろうなと
思ったのは、僕自身次年度になって初めて分かった。
うちのような小さいロムから日本出向者を何人も出せるわけが無い。
本心は「ブロック推薦の中から選んでくれよ!」だったと思う。
しかし彼はそんな気持ちを全然出さずに、気持ちよく送り出してくれたのだ。

安里繁信、藤木智、そして我等が市山賢光、この3人こそ
僕が個人的に選ぶ2009年度の尊敬すべき3人のJCメンバーなのだ!
(市山君、ちょっと持ち上げすぎたかな?)


そしてこの真の日本男児育成委員会も、今年度残すところあと1回
12月26日に福岡にて最後の全体委員会となっている。

この最後の委員会にももちろん出席する予定だが
なかなか大所帯の委員会のため、一委員である僕が
なかなか委員長と喋る時間など取れないのだ。

しかし明日そのチャンスが舞い降りてきた!
一年間お世話になった委員長が、徳島に来られるのだ。

ひょっとしたら全体会に遅れてしまうかもしれない。
しかし何といっても「はい!喜んで!」

委員会には代理出席できませんが、委員長をお迎えにあがります。

小松島からの出向メンバーが欠席してしまう委員長様方には
この場をお借りしてお詫び申し上げます。

どうぞよろしくお願い致します。

            泰地 孝志(クルマの中で何の話をするのかで、ちょっと緊張してます)
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

本格復活!

2009.11.28/Sat/12:04:34

予告どおり、本日から「監督コラム」本格復活させていただきます。

今年の一ヶ月あまりは準備期間として、来年からは「理事長ブログ」として
「ほぼ」毎日を目標に書きたいと思っています。

だいたい夜が遅いから、翌日に昨日の出来事を日記風に
書き連ねていこうと思っています。

できれば午前中にアップさせたいなあなんて思っています。

どうぞよろしくお願いします。

(ここで文体変わります)

さて本日復活の理由であるが、なぜかというと昨日が自分の誕生日だったのだ!

1970年11月27日生まれ、昨日でとうとう39歳になってしまった。
三十代最後の年、そしてJCでもラストイヤーである。

心に期する思いを抱えながら、朝を迎え、会社へと向かった。

しかし、仕事が始まってしまうと、なんでもない普通の一日だ。
社員の誰からも何も言われない。おそらく知らないのだろう。

メールも何も来ない。当然電話も無い・・・。

あまりにも寂しくて、自分から社員に発表する始末・・・。

あれっ、誕生日っていつもこんなんだったっけ?


思い起こしてみると、二年前の誕生日が一番華やかだった。

自分が会長を務めている、「B級グルメ会」のメンバーで
お誕生会をクレメントの「桂蘭」でしてくれたのだ。

Bグルメンバー7人とゲストの女性が6人(内訳セミプロ3人アマ3人)という
大所帯でお祝いしてくれた。

後にも先にもあんな豪華な誕生日は無かったと思う。

しかしその豪華なお誕生日会も思い起こしてみると
設営したのは僕だったのだ。

そしてその翌年(つまり去年)調子に乗ってまた誕生日に集まってもらおうと
思い、みんなに誘いをかけたらほとんど全員に断られ
開催中止になってしまったのだ(涙)

去年のようなつらい思いは二度としたくないと思い、今年は
あえて何もせず迎えたのだが、このまま何もなく終わるのか?

そんなことを考えながら仕事をしていると、ちょうど11時ごろ携帯が鳴り響いた!

しかも全然知らない番号からだ!電話に出るまでの数秒の間に
僕の妄想が働いた。

<僕の妄想>
「タイチさんですか?」
「はい、そうです。」
「○○と申しますが○○さんからお花の配達を言付かっております。
今ご自宅に来たのですがご不在のようなので・・・」
「あっ、今は誰もいないんですよ!出来たら会社の方に持ってきて
もらってもいいですか?」
「大丈夫ですよ!会社のご住所教えていただけますか?」
「はい、分かりました!小松島のねえ・・・」


こんな楽しい妄想にふけりながら電話を取ったのだが、実際は・・・




<実際>

「タイチさんの携帯ですか?」
「はい、そうです」

県警本部の○○というモノですが、オタク
9月の携帯使用の反則金、まだ払ってないなあ?」
「・・・・」
「このままだったら裁判所に来てもらわなあかん書類を送らしてもらうんやけど
払えんのかいなあ?」
「・・・いや、払えますよ」


忘れもしない、第1回会員会議所予定者会議に向かうときだ。
小松島署の近くで、携帯を使っていた時に、捕まったのだ。

あの時は結構大きな交差点の近くで止められ、信号待ちのクルマに乗った
人々から一杯見られ(しかも地元!)ムチャクチャ恥ずかしかった。

反則金の納付書を妻に預けて、支払うように頼んでいたのだが
払うのを忘れてしまったらしい。


その後はお約束のミニ夫婦喧嘩・・・。

こんなスタートだから、いい誕生日になるはずがない。

去年に引き続き、辛く寂しい誕生日になってしまった・・・。


しかし、午後になって一つ嬉しい事が・・・。

来年の僕の恋女房役、専務理事の森井君から電話があったのだ!

「タイチさん今日誕生日ちゃうん?おめでとう!」

・・・かなり嬉しかった。ようやく覚えてくれている人が出現したのだ。

しかも森井君は以前ブログにも書いたように釣りのプロであり
昨日は大事な大事な大会に向かう途中のクルマから連絡してくれたのだ!

森井君、ありがとう!優勝してよ!!

(またまた文体チェンジ!)

この電話がきっかけとなり、午後からは何人かからメールをもらい
何とか39歳のスタートが切れました。

来年はもっと良い誕生日に出来るよう、この節目の一年、ブログと共に
頑張ってまいります。

よろしくお願い致します。


                  泰地 孝志
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

阿波池田JCゴルフコンペ

2009.11.27/Fri/22:50:54

11月21日(土)

本日は、阿波池田JCさん主催の
ゴルフコンペが開催されたので行ってまいりました。
CA390272_convert_20091127220812.jpg

JCでは、会員交流の場として
このようなゴルフコンペをたまに開催しています。

コースは山城町にあるレオマ高原ゴルフクラブ

小松島から2時間ほどかかります
しかもスタートが8:22とあって
5:30に家を出発。眠い

ゴルフ場に到着後、早速開会式。
本年度、阿波池田JC木頭理事長のご挨拶。
CA390270_convert_20091127220724.jpg

私と同じ組で回ってくれたのは、
阿波池田JCシニア O先輩
美馬JC K君
小松島JCシニア I先輩
でありましたが・・・

この人事は誰が決めたのか

こんなゴルフ経験豊富な方ばかりと
一緒にされて凹むばかり・・・
スコアはズタボロ・・・
ついていくだけで精一杯・・・
いやいや、大変勉強になった1日でした

阿波池田JCの皆様ご苦労さまでした。
ありがとうございました。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。