09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

カレンダー

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

泰地理事長ブログ~Brotherhood~

明るい豊かな社会の実現のために、私たちと一緒に活動しませんか?

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

4か月間まとめてご報告⑤

2009.10.15/Thu/01:07:03

8月31日(月)

県による郷土文化会館において
新公益法人制度についての説明会が行われました。

私はこの説明会に(たぶん)3回ほど
出席させていただいておりますが、
毎回写真のように多くの社団法人・財団法人の方が
来られていて、この制度改革への注目度の高さが伺えます。
CA390108_convert_20091009042500.jpg

小松島JCとして公益社団を取るのか、
一般社団を取るのか難しい決断ではありますが、
前向きにこの問題に取り組んでいきたいと思います。


9月11日(金)

この日は、LOMの9月度例会です。

今回の例会では先日の「はじめてのひとり旅」事業で
燃え尽きかけようとしていた吉本委員長はじめ
まちづくり委員会の皆様にガソリンを振り掛け、
もうひと頑張りしてもらうことにしました。

この例会で行ったのが稲田米昭小松島市長をお呼びして
開催した「市長行政出前講座」であります。
CA390116_convert_20091009042613.jpg

CA390119_convert_20091009042643.jpg

CA390115_convert_20091009042539.jpg

この事業は、私の基本方針のひとつであります
「地域との関わり」に端を発したことでありますが、
近年『政治離れ』『政治への無関心』といった言葉が
聞かれるようになり、お恥ずかしい話ですが
私自身も最近まであまりそういったことに
興味がある方ではありませんでしたが、
自分の住む地域の現状がどのような状態で
これからどのような方向に進もうとしているのか?
ということを市長の口から聞けて、
非常に勉強になった委員会タイムでありました。

今回聞いた話を今後のJC活動になんらかの形で
繋げていければと思います。

吉本委員長はじめ、まちづくり委員会の皆様
またまたお疲れさまでした。
スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

お米作りシリーズ その10

2009.10.15/Thu/00:37:07

10回に渡ってお送りいたしました
このシリーズも今回で完結です。

7月中旬、稲にようやく『穂』が出てきました。
CA390059_convert_20090716222924.jpg

8月下旬になると青々としていた
稲は小金色に変色いたします。
う~~ん♪秋ですなぁ~
PAP_0030_convert_20091014234725.jpg

ここまでくると後は稲刈りです。
十分に田んぼの水を切り、土が乾くのを待って
いざ!稲刈りへ!
PAP_0029_convert_20091014234702.jpg

なぜ十分に田んぼの土を乾かすのかというと
答えは単純で水分が残ったジュルジュルの田んぼだと、
稲刈り機(コンバインの事ね)が埋まってしまうからです。

となると今度は天候を予測するのも肝心で、
田んぼが乾いたタイミングをみて刈らないと
次の雨が来てしまい、また田んぼに水が溜まってしまいます。

一度雨が降ると乾くまでに3~4日程はかかるので
それだけ稲を刈るのが遅れてしまいます。

遅れるとなにが起こるのかというと
この時期には「ウンガ」という米を食べてしまう虫が
大量発生するので、呑気に稲刈りを先延ばししている
わけにもいかないんです

更に、この時期に台風でも来られると最悪で、
穂先が重くなった稲は、台風の強風で簡単に
倒れてしまい、水に浸かったお米は腐ってしまいます

幸い今年は稲刈り時期に雨が降らず、
台風も来なかったので、快調に稲刈りが出来ました。
PAP_0028_convert_20091014234635.jpg

今年のお米は、7~8月に雨が多かったせいか
昨年の1~2割程少なかったのですが、
無事に収穫することが出来ました

10回に渡ってお送りしたこのシリーズですが、
お米というのは本当になかなか出来ません。

前にも書いたかもしれませんが、
このブログを(飽きずに)読まれた方は
食べ残しだけはヤメましょう。

出されたものは文句を言わず全部食べる!
作った人の苦労が分かっていれば
味などは二の次です。
分かりましたか?専務?(これも前に書いたような・・・)

自然の恵みに感謝。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。